会計士試験講座

私が公認会計士試験に在学中、実質1年で一発合格できた理由

どうも、独立開業している公認会計士の朝比奈です。

私は大学生のときに会計士試験の勉強を始めて、無事に在学中、公認会計士試験に合格することが出来ました。

一般的に、会計士試験に合格するためには、大学生のときでも遊びもサークルも恋愛もバイトも全て放棄して、勉強だけに集中しなければならないと言われています。

ですが、私は受験生だったときも普通にバイトをしていましたし、サークルも1年生のときから所属していました。

当時は彼女がいなかったので恋愛関係のイベントは無かったですが(悲しいw)、友達とよく飲みに行ったりとか、旅行にも行ったりしていましたから、一般的な大学生とあまり変わらない生活を送っていたと思います。

予備校の講義にも、最初は真面目に出ていましたが、徐々に出席しなくなり、どんどん講義のスピードに追いつけなくなっていきました。

予備校の最初の講義にはたくさんの受験生がいるのですが、みんな徐々にドロップアウトしていくので、一年後に残っている受験生の数は最初の講義にいた受験生の半分以下だった、ということも珍しくありません。

そしてぶっちゃけた話、私もドロップアウトしていく人達の一員になりかけていました。・・・が、心機一転して、ある時期から勉強に集中し始めた結果、一発合格を成し遂げることが出来ました。

私は大学1年生のときから予備校に行き始めましたが、前述の通り、バイトしたり遊んだりしていた時期があったので、実際に集中して勉強していた期間は実質1年程度です。公認会計士試験の合格にかかった勉強時間は、他の受験生よりもはるかに少ないですね。

こんな私でも一発合格できた理由は1つです。

それは、他の受験生と違うことをしたからです。

試験は競争の世界です。競争に勝ち抜くためには、どんな手を使ってでも他の受験生より抜きん出なければなりません。そして、他の受験生より抜きん出るためには、他の受験生と同じことをしてはいけません。

つまり、他の受験生との差別化を図ることが大事だったのです。

そのため、私はいかにして他の受験生と競争優位を作り出すかを常に意識しながら、試験勉強に取り組んでいました。

とはいっても、私が何か特別なテクニックや裏技を知っていたとかそういった話ではなく、どちらかというとマインド的な話です。

では、私がどのように他の受験生との差別化を意識していたのかをお話していきますね。

差別化その1:予備校の講義に出ない

これは本当に重要です。これが意識できていなかったら、私は一発合格できなかったと言っても過言ではありません。

自分の知識の理解度や、自分の勉強のペースに合わせた講義をしてくれない予備校の講義を受けたところで、時間のムダ以外の何者でもありません。予備校に行くまでの通学時間もムダになります。

それに、予備校の講義を聞いただけでは、試験問題を解けるようにはなりません。試験問題が解けるようになるには、アウトプットを意識したインプットが必要であり、それは問題を解く中で身に付けていくものなのです。

このように考えると、真に時間をかけるべきは問題を解くことであり、極端な話、問題が解けるようになるのであれば予備校の講義なんて聞く必要ないのです。

であれば、予備校の講義なんて出ないほうが正解ということに気付くわけですが、多くの受験生は思考停止で予備校の講義に出席しているわけですね。

この事実を知っているだけで、他の受験生に大きな差をつけることが出来ます。

じゃあ、「予備校の講義に出席しないなら、どうやって新しい知識をインプットするの?」という疑問が出てくると思いますが、そこで私がやっていたのは講義音声をDLして倍速で聞くというテクニックです。

詳しくはこちらの記事にも書いています。

あわせて読みたい
あなた、まさかバカ正直に予備校の講義を受けに行ってないよね?予備校の講義に出る。 公認会計士試験の勉強を進める上で、多くの人がやってしまいがちな過ちです。逆に、この事実を知っていれば、あなたは他...

差別化その2:受験仲間を作らない

これも重要ですね。受験仲間を作ればそれだけ無駄なおしゃべりや遊びや飲み会といった付き合いが発生し、膨大な時間的ロスが生じます。

また他の受験仲間と話すことで、自分のレベルを他の受験仲間と同じレベルに合わせにいってしまうというリスクがあります。

人間はどうしても環境に染まってしまう動物ですから、会話のレベルも受験仲間同士で同じになっていく傾向があります。

周りにいる受験仲間が、みんな受かりそうな人であれば問題ないのですが、どう考えても落ちそうな人ばかりであったら悲惨です。

このことを踏まえて、私は試験勉強中はほとんど受験仲間を作りませんでした。そして、試験に合格しそうな優秀な人とだけ絡むようにしていました(それも、予備校の休憩室で軽く雑談する程度の関係に留めていました)。

ちなみに、何年も受験勉強を続けている人ほど、受験仲間がたくさんいる印象です。受験経験が長いほど知り合いの数も増えていくでしょうし、まあ当然の結果なのでしょう。

詳しくはこちらの記事にも書いています。

あわせて読みたい
予備校で受験仲間なんか作るから、合格が遅くなる私が公認会計士を目指そうと思って、とある大手の予備校で、初めて講義を受けたときの話です。 予備校の講師は講義を始める前に、こう言いまし...

差別化その3:どんな手を使っても勉強時間を捻出する

どんなに頭が良くて、要領の良い人でも、やっぱり勉強にたくさん時間をかけた人には勝てないです。

会計士試験に合格するために必要な勉強時間が、一般的には3,000−5,000時間とい言われています。このように、試験を突破するには、ある程度の時間をかける必要がありますから、いかにして十分な勉強時間を捻出するかが重要になってくるのです。

で、具体的にどうやって捻出していくか、ですが。

私は家で勉強していても、どうしても集中ができなかったので、予備校の自習室であったり、喫茶店であったりと、外に出て勉強するようにしていました。移動手段としては電車を利用していましたが、移動時間にも勉強するようにしていました。

またトイレやお風呂に行っているときも、公式や用語を思い出すようにして、とにかく「会計士試験の勉強に触れている状態」を作っていました。

私は先ほどお話した通り、バイトや遊びなどで時間を無駄にしてしまっていたので、試験直前まで一切の時間の余裕は無い状況でした。

ですので、とにかく1日の中で有効活用できる時間を見つけて、その時間を勉強に充てるようにしていました。

差別化その4:あちこち手を広げすぎない

よくいるんですよね、あるときは予備校Aの教材を使ってみたり、あるときは予備校Bの教材を使ってみたりする人が。

そして、予備校Aの答練を解いて、予備校Bの答練も解いて、その他の予備校の答練も解いてみたり・・・

ハッキリ言って、これはバカのやることです。

色々な教材にやみくもに手を出したところで、それで果たして実力がつくのでしょうか。脳科学でも証明されているのですが、新しく学んだことを自分の中で使える知識にするには、何度も同じことを繰り返し復習することが大事です。

そして、何度も繰り返し復習することにも、十分に時間をかける必要があります。これを踏まえると、復習する教材はなるべく絞るべきなのです。

色々な予備校の教材や答練に手を出すのは結構なんですけど、「それ、全部復習する時間あるの・・・?」と私は常に疑問に思っていましたね。

私はとある大手の予備校に通っていましたが、その予備校の教材の質を信頼していたので、それ以外の予備校の教材には一切手を出しませんでした。自分が通っている予備校の教材だけを繰り返し復習していました。それで十分合格できるのです。

というか、しっかり復習をしていれば、他の予備校の教材に手を出す時間は無いはずなのです。

差別化その5:復習に全ての力を注ぐ

試験勉強は、復習が全てです。

予習は全くもって時間のムダですので、仮に予備校から予習するよう指示されても、やる必要は全くありません。

でも復習だけは、何があっても、絶対にやってください。

テキストで分からない論点が出てきたら、分かるようになるまで何回もテキストを読んで復習してください。そして、分かるようになっても、忘れないように定期的に復習してください。テキストを一度読んだだけで終わらせずに、日を空けて、何度も読み直して復習してください。

問題も、一度解いただけで満足せずに、何回も解くようにしましょう。そのときは一度間違えた問題だけを重点的に復習するようにしましょう。同じように、答練も、何度も繰り返し解き直すようにしましょう。

人間の記憶力なんて大したことがないので、一度取り組んだだけでは、とても試験本番で使えるような知識にはならないんです。

多くの合格者が、半分以上の勉強時間を復習に使っているはずです。極論、復習をしないのであれば、その論点を学ぶのに使った時間はムダになります。

何度も何度も復習を繰り返してようやく、新しく学んだ知識を自分のモノにすることができるのです。

詳しくはこちらの記事にも書いています。

あわせて読みたい
試験勉強は復習こそが勝負の決め手あなたは日々の勉強できちんと復習できていますか? ・・・正直、復習をしないというのは、 最低最悪の愚の骨頂です 試験勉強で...

最後に

いかがだったでしょうか。「へー、そうなんだ!」と思うようなこともあれば、「そんなの当たり前じゃん」と思うこともあったと思います。

でも多くの受験生が、当たり前のことが意外と出来てないのです。

実は、試験本番では、難しい問題が解けるようになる必要はありません。短答式試験・論文式試験のどちらも、大半の受験生が正解できるような基礎的な問題ができれば、十分合格点に達します。

そして、試験本番までにそのレベルに達すれば良いだけで、そこまでのアプローチの仕方は人それぞれです。私自身は今までお話してきたようなアプローチでそのレベルに達しましたし、個人的にはこれが最短の道のりだと思っています。

もちろん全て真似をする必要はないですし、良いな、と思った方法だけをあなた自身の勉強に取り入れていただければと思います。少しでもあなたの勉強の参考になれば幸いです。

私がやってきた勉強法についてもっと詳しく知りたい場合は、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。