つぶやき

独立会計士の戯言

突然ですが、やっぱ自由っていいですね。

この前、平日の真昼間から車を出して、仲間達と軽く日帰りの旅行に行って参りました。

遊覧船に乗ったり、ロープウェイに乗ったり、展望台からの景色を楽しみつつ、昼間からビールを飲む。そして、温泉につかって心地よい湯加減を楽しむ。

いやあ、素晴らしい。
組織の中で働いているような人間には絶対に味わえないような楽しみですね。

これこそが、組織を飛び出し、独立して生計を立てている人間の醍醐味です。

もちろん平日の昼間からたむろしているような連中ですから、周りから見れば「あれ?あいつらニートかな?」と思われかねない状況ですが、残念ながら朝比奈さんは国家資格持ちのスーパーエリートですからね。

資格を持ち、自立して生活しているからこそ、このように平日から自由に楽しむことが許されるのです。


独立して一番良かったなと思うことは、自分で働く時間を決めることができる、ということです。

「今日は気分が乗っているから、ちょっと頑張っちゃおうかな!!」という日は思う存分働くし、「今日はやる気が出ない。休もう。」という日は適当に休んだりします。

なんというか、自分の気の赴くままに働くことができるというのが、これほど嬉しいものだとは思っていませんでした。


完全にストレスフリーの生活です。


もちろん、日によってはかなりのハードワークをこなしているわけではあるんですけれど、それでも「自分のための仕事だ」という実感があるので全く苦に感じません。


むしろ、やることなすことが「自分の経験値に繋がっている」と思えるので、楽しいですね。自分の成長を感じます。


これが組織の中で働くということになると、そうは行きません。

毎日朝早く起きて、
毎日満員電車に揺られ、
毎日決まった場所で働き、
毎日上司や先輩に頭を下げ、
毎日無意味な飲み会に連れ出され、
毎日終電で帰る。


こういう、意味不明なライフスタイルを送る羽目になります。
そして、こういう変わり映えのしないライフスタイルを40年近くも続けるのです。

・・・ゾッとしませんか?


そして何よりもゾッとするのが、こういうライフスタイルを送るのが一般的な日本人のサクセスキャリアと捉えられていることです。


・・・いやー、朝比奈はそれ、ムリ。

とりわけ、朝の苦手な朝比奈は、「毎日朝早く起きなければならない」ということが苦行でしかありません。

監査法人で働いていた頃は、一般的な事業会社よりも起床時間は遅めで大丈夫だったのですが、朝比奈はそれすらキツかったです(笑)

あと、満員電車と長時間の飲み会、終電帰りも辛かったですね。

普通の会社よりも遥かにぬるま湯なはずの監査法人ですら朝比奈は辛かったので、朝比奈はどれだけサラリーマン適正がないんだ、という話ですね(笑)


いやー、我ながら一般的な就活して、一般的な会社の社畜にならなくて良かったー、と心から思います。

朝比奈がもし会計士にならずに、一般的な社畜になっていたら、3日で朽ち果てていたと思います。


まさに、ゾンビのように。


ホリエモンが以下の動画で、通勤途中のサラリーマンを「ゾンビ軍団」と表現していますが、的を得た例えだな、と思います。




 




朝比奈は通勤電車の空気が嫌いでした。
通勤途中の、スーツを着たおじさんおばさん達が、死んだような目をして携帯をいじったり、新聞を読んだりしているあの空間が耐えられませんでしたね。

本当に、ゾンビみたいでしたよ。みんな。






朝比奈からすれば、通勤電車は「ゾンビ運搬用・車両運搬具」(耐用年数5年、定率法による償却。ゾンビによる腐食が著しいため短期間で著しく劣化していく)でしたね。

ちょっと前まで、朝比奈もそんなゾンビ軍団の一員だったわけですが、いざ独立して客観的な立場に立てるようになると、なおさらそのゾンビ軍団の異常さが伝わってきます。

そして、その軍団から抜け出すことができたことを誇りに思います。


やっぱり、人生を謳歌し、楽しもうと思うのであれば、組織の中で安住していたら駄目だなー、と強く思います。


組織の中で安住しているサラリーマンはみな、動物園の檻の中の動物です。

レールを外れた、外の世界を知りません。外の世界に広がる、素晴らしい景色も知りません。そんなことで、人生楽しいわけがありません。



人はみな、独立すべきなんです。
何事にも依存せず、自分の足で立って、自分の力だけに頼って生き抜いていくべきなんです。


特に、資格を取った人間なら尚更そうです。

せっかく資格を取って、一人のプロフェッショナルに成り上がれたにもかかわらず、自分の城を持たず、組織の言いなりになって人生を終えてしまうなんて勿体ないです。


もちろん、自分の経験のために、一定期間は組織に所属するのはアリだと思いますが、長く居すぎても駄目です。
組織の中で安住している間に、外の世界でやっていくための牙を抜かれてしまいます。


自分の城を持ち、自分のお客さんを持ち、自分の力で自立する。


大変ですけど、楽しいですよ。



『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。