会計士試験講座

公認会計士試験の過去問は解くな!!読め!!

どうも、朝比奈です。

今回は、公認会計士試験における過去問の活用法をお話していきますね。

過去問は決して解いてはいけない!!

いきなりですが、会計士試験の試験科目って多くないですか?

短答式試験では、

  • 財務会計論
  • 管理会計論
  • 企業法
  • 監査論

の4つ。

論文式試験に至っては、

  • 会計学(実質、財務会計論と管理会計論の2科目)
  • 監査論
  • 企業法
  • 租税法
  • 選択科目

の5つもあります。(実質6科目ですね)

これだけの科目があるので、過去問を解いていこうと思ったところで、1年分解くだけでも2~3日もかかってしまいます。

・・・当然ながら短期合格を目指すのであれば、過去問を解くだけにこれだけ時間をかけている余裕はありません。

 

また、過去問を解いても実力は上がりません。

なぜなら、過去問とは過去に出題された問題ということで、今後は二度と出題されない問題の集合体なのです。

そういった問題が解けるようになっても、本試験での得点アップには繋がりません。また、実力を上げることもできません。

しかも過去問は、実践的で難しい問題ばかりなので、問題を解くことや、解説を理解することにも時間がかかります。

それなのに、実力アップに繋がらないなんて、無駄でしかありません。

 

私も、過去問を解くことが実力アップに繋がると信じて、過去問を一生懸命解いていた時期がありました。

それが、大学受験のセンター試験のときです。

あの頃はひたすらセンター試験の過去問を解き続け、全科目で7年分くらい解いていたと思います。

・・・で、結果はどうなったかというと惨敗。

志望校への合格可能性が絶望的になるくらいの得点しか、獲得できなかったのです。

その結果、第一志望の国立大学への受験も失敗し、涙を流し、滑り止めで受験していたとある私立大学へ入学することになったのでした・・・

あのときの私は、いたずらに過去問を解くのに時間をかけてはいけなかったんです。

過去問を解く時間があったら、その時間を参考書や問題集を復習する時間にあてて、もっと基礎を固めるべきだったんです。

過去問を解いたところで、自分のインプット・アウトプット力を上げることはできません。できるのはせいぜい、本番での時間配分の感覚をつかむことくらいでしょう。

そしてその感覚は、普段の模試や答練で十分掴むことができますよね。

つまり、私がやっていたことは

時間の無駄

だったというわけですね。

 

・・・書いてて涙が出そうなりましたが、でもこれが事実だから仕方がありません。

でもその苦い経験を活かし、公認会計士試験の勉強のときは、過去問に手をつけることは一切しませんでした。

そしてその判断は間違っていませんでした。

『私が今、公認会計士として仕事が出来ていること』。それがその判断の正しさを証明しています。

もちろんあなたにも、センター試験の受験時代の私と同じ思いをさせたくありません。

だから、これだけは忘れないでください。



「過去問は決して解きにいってはいけない!!」

でも過去問は、短期合格のための必須アイテム

とは言いつつ、過去問は、それ自体は短期合格のために必須のアイテムです。

過去問は絶対に解きにいってはいけないのは事実なんですが、その一方で、過去問の分析をやっておく必要があります。

つまり、「過去問を読む」という作業が大事になってきます。

過去問を読み、分析することで、試験合格までにどの範囲を勉強すればよいのか、最短努力で合格する方法を見つけることができるようになります。

いわば、合格への最短ルートを示す地図ですね。この地図こそが、過去問なのです。

過去問は、とりわけ論文式試験の勉強においては大きな指針となる存在です。

・・・実は、短答式試験のときはそれほど重要ではないんですが。

では、短答と論文に分けて、過去問の活用法についてお話していきますね。

短答時の過去問活用法

私は、短答のときはほとんど過去問に触れませんでした。

まあ、触るだけの時間的余裕がなかったと言った方が正確なんですけどね(笑)

勉強で煮詰まったときに、気分転換程度に過去問をチラ見して出題形式や、出題されている問題のレベルなどを確認する程度でした。

私は短答一ヶ月前の直前答練のときに、成績がボロボロで、なかなか精神的に苦しい思いをしたこともあるんですが、よくよく過去問を見てみると、

「あれ?基礎的な問題ばかりじゃないか?」

ということに気付きました。

あとから分かったのですが、予備校の答練って、本番よりも難しく作ってあるんですね。

これは、答練の問題を少し難しく作っておくことで、「受験生に本番の問題を難しく感じさせないようにしたい」という予備校の狙いがあるんです。

そのおかげで、答練が全然解けなかったとしても、テキストや問題集で基礎的な知識をきちんと覚えて行けば本試験でも大丈夫だな、という確信を持つことが出来ました。

私の短答時の過去問の活用方法はこれくらいです(笑)。基礎を固めるだけで本試験の問題をは解ける、という確信を持つために使用したくらいですね。

問題もざっと眺めた程度で、模範解答や、解説すらまともに読んでいません。

それで本試験で8割前後の得点を獲得できたのですから、いかに過去問を解くことが馬鹿らしいか、身を持って証明してしまいましたね。

というわけで短答時の過去問の活用方法としては、出題形式の確認、出題レベルの確認程度で十分です。

論文時の過去問活用法

論文時には、過去問の活用は一つの大きなポイントです。

そう、論文式試験の勉強法のときにお話した、「覚えるべき箇所のターゲッティング」に使用するんでしたね。

過去問の分析を行うと、以下の4つのことが出来るようになります。

  • 出題範囲を知ることができる
  • 出題方式を知ることができる
  • 出題レベルを知ることができる
  • 合格レベルを知ることができる

これらについて、深く考えていきましょう。

出題範囲を知ることができる

短答式試験では、幅広い知識を満遍なく押さえておく必要がありました。その代わり、知識の深さ・理解の深さは浅くても、正答できるような問題が中心に出題されます。

一方で論文式試験では、一定の論点についての深い知識、深い理解が求められるようになります。しかし、短答式試験と違って、その範囲は非常に狭いものとなります。

広く浅くの、短答式試験。
狭く深くの、論文式試験。

というわけですね。

公認会計士・監査審査会のHPからも、出題の要旨として出題範囲の確認が出来ます。それを見れば、論文での出題範囲が、短答よりも少なくなっていることが分かります。

この出題の要旨と、過去問を分析して、覚えなければならない箇所の大枠をきちんと掴んでおきましょう。

出題方式を知ることができる

出題範囲が分かったら、次はその範囲の論点がどのような方式で出題されているか研究しましょう。

出題方式も見た目は年によって色々と変わっていますが、その出題パターン自体を抽象化していくことで、出題方式もいくつかのパターンに分類できることが分かります。

過去問を分析する際は、ぜひ出題方式を抽象化して見るようにしていきましょう。

「定義をそのまま答えるだけの問題か?」
「論点と結論、理由を合わせて答える問題か?」
「テキストに書いてある知識を応用して答える問題か?」
「ある制度の趣旨を特定の事例に適用して考えさせる問題か?」
「具体例をあげさせる問題か?」
「穴埋め問題か?」
「正誤を判断させて、その理由も書かせる問題か?」

過去問を分析し、このように出題パターンを抽象化することが出来れば、テキストのどの箇所をどのように覚えるべきかが見えてくるはずです。

出題レベルを知ることができる

次は、出題される問題のレベルですね。

一見すると過去問はどの問題も非常に難しいように見えますが、よく読めば簡単に解答可能な問題も多いことが分かります。

そして、悟るのです。

「なんだこれ、テキストの基礎知識を覚えて行けば十分対応可能じゃん!!」

とね。

答練では難しい問題が出題されるので、どうしても難しい論点、テクニカルな論点を覚えて行こうとしがちですが、本試験でそういう難しい論点を解ける必要はありません。

基礎的な知識を理解し暗記して、本試験でも誰もが正答できるような問題を正答できるようになっていれば、十分合格レベルに達します。

難しい問題、意味不明な問題もまれに出題されていますが、そういう悪問も非常に数が少ないことが分かります。

また、そのような悪問は埋没問題となるので、本試験では解ける必要がありません。

あくまでもテキストの基礎知識を覚えて行けば本試験でも十分合格レベルに達するのです。

合格レベルを知ることができる

さて、最後に合格レベルですね。

今まで分析してきた問題の模範解答を見てください。

多分、完璧な解答文が羅列されていることと思います。

「こんなの書けるわけがない!」

と思われるかもしれません。

その通りです。書けるわけがありませんし、書く必要もありません。

ただ、過去問の解説には、「この問題は5割得点しておきたい」とか、「この問題は3割の得点で良い」というように、問題ごとの得点の目安が書いてあります。

これを一つの参考にしましょう。

つまり、合格するためには模範解答のような完璧な文章を書く必要がなく、模範解答の5割程度の質の答案が書ければ十分合格点に達するのです。

場合によっては、2割~3割程度で済む問題もあるでしょう。

学者になるわけではないのですから、うまい答案を書けるようになる必要は一つもありません。いかに外さない答案をかけるようになるかが重要なんです。

なお、模範解答の分析をする上で掴んでおいて欲しいのが、「試験問題に対して、模範解答ではどういう論点を書いているのか?」ということです。

書かなければならない論点を模範解答から読み取ることができれば、覚える箇所のターゲッティングも容易に行えるようになります。

それから、問題の答え方も掴んでおくべきですね。模範解答で、どういった答え方をしているのか確認しておきましょう。

例えば「こういう聞かれ方をした場合は、こういう答え方でいいのか!」というように。

問題に対する答え方が分かれば、その答え方に応じてテキストで覚えなければならない箇所も自ずと把握できるようになるはずです。

以上が、論文式試験の勉強時の過去問活用方法でした。

 

・・・そうそう、過去問の過去の出題傾向を見て、今回の試験で出題されそうな問題をヤマ当てしにいくとか、

やっちゃだめですよ!!!

試験の出題範囲をヤマ当てしにいくなんて、ギャンブルをするようなものです。あなたは貴重な勉強時間を、くだらないギャンブルに投じたいのですか?

違うでしょ?

やるべきことは、きちんとやりましょう。

ヤマ当てとかいうしょーもない手段に手を染めるのは、それこそ時間の無駄ですからね。

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。