会計士試験講座

【毎日、苦もなく勉強を継続するための秘訣その1】朝から勉強に全力投球すること!

なにごともスタートダッシュが肝心です。
その日の1日の成果も、朝の取り組みでほぼ決まるといっても過言ではありません。



朝からスタートダッシュをかけて、
速やかに勉強を始めることが出来たなら、
午後以降もその調子で勉強を続けていくことができるでしょう。



2016年に開発された、集中力を継続的に測定できる新型のメガネ「ジンズミーム」を使った500人の平均データによると、
1日で最も集中力が高い時間帯は、朝6~7時台でした。

このデータは、起床後2時間は、1日の中で最も集中力が高い

「脳のゴールデンタイム」

であることを示しています。



試験勉強を続ける上でも、
この朝の時間を有効活用することが必要不可欠なのです。
朝比奈も当然、勉強は毎日、朝の早い時間からスタートさせていました。
どんなに遅くても、8時には勉強を始めていましたね。



また、スターバックスのCEOハワード・シュルツ、
Amazonの創業者であるジェフ・ベゾス、
YahooのCEOのマリッサ・メイヤーなどの社会的な成功者は早起きであることが多いです。

これも、成功の鍵は「朝の時間を有効に活用すること」の一つの証拠になりますね。




逆に、朝からダラダラと過ごしてしまうと、
午後以降もそのダラダラが続いてしまい、
結局1日を通して勉強がはかどらなかった、
という状態に陥りやすいです。

その状態が自分への自信のなさ、罪悪感、嫌悪感につながり、
その日以後も勉強に対するモチベーションの低下をもたらすことになるのです。





だから、毎日勉強を続けるコツは、



毎朝

すぐ

勉強始める!!




ですよ!!



逆に言えば、毎朝、すぐに勉強を始められる習慣が身につけば、
その受験勉強は半分制したようなものです。




また、『自分を操る超集中力』に、午前中の集中力をより高めるために、
朝行うべき7つの行動が説明されているので、こちらも併せて紹介しておきます。



・早起きして、朝食を摂る
・グリーンエクササイズなどで、朝日を浴びながら軽く汗を流す
・モチベーションの上がる話題や言葉、詩に触れる
・毎日1つ、ノートやパソコンなどに日常の幸せへの感謝を書き留める
・毎日、「今日が人生最後の日ならどうする」と自分に問う
・その日の計画を10分以内に立てる
・短時間の瞑想をする


自分に合いそうな行動から、試してみてください。




また、あなたが働きながら会計士試験の勉強をしているのなら、
特に起床後2時間の「脳のゴールデンタイム」を活用することが重要です。

仕事終わりの疲れた状態で、夜から勉強を始めるよりも、
夜早く寝て朝早く勉強を始めた方が効果的です。




※朝のスタートダッシュに失敗した場合の対抗策




もちろん、何らかの事情があって、
場合によっては朝から勉強を始めることが出来なかったときもあるでしょう。


ただ、そんなときも自分を責めずに、
その失敗を直ちにカバーするようにしましょう。


オススメの方法が、「1日を午前、日中、夕方、夜の4分の1に区切って考えること」です。


たとえば、午前を台無しにしてしまった場合は、
日中から頑張ろうという風に考えるのです。

4分の1を台無しにしたら、
次の4分の1から元に戻すようにしましょう。



「今日は朝から勉強が出来なかった・・・
今日はもうだめだな、明日からまた頑張ろう」
という考え方は




厳禁!!!

ですよ。




失敗は小さいほうが良いです。
1日丸々全てを失敗にしてしまうのではなくって、
失敗は4分の1までに留めておきましょう。




※日中、眠くなってきたらどうすればよいか?



朝から全力で勉強を始めたら、
特に日中になってくるとものすごい眠気が襲ってくるようになります。




こういう場合は、その場で昼寝してしまって良いです。
というか、昼寝してください。


その場で15分程度の短時間眠るだけでも、集中力は格段に回復します。

逆に、眠気に襲われている状態で勉強を続けていても、
集中が続きません。

集中できない状態で長時間勉強を続ける方がかえって非効率になるのです。



朝比奈も問題集や答練解くのに飽きて、
日中に眠くなってきたら我慢せずにすぐ机に付して眠るようにしていました。
5分~15分程度ですので、時間的なロスも少ないです。

ちょっとだけ仮眠を取って起きると、
不思議と朝方の集中力が戻ってきます。
そして、また集中力の高い状態で勉強を再開できるんですね。


ちなみに、日中のこの仮眠をパワーナップと言います。



パワーナップは非常に有効です。
15分のパワーナップは、3時間の睡眠に匹敵するとも言われています。




アメリカではその有効性が認められて、
GoogleやAppleといった大企業も導入しているくらいですから。


目先のわずかな仮眠時間をケチって、
勉強に集中できなくなって長時間を無駄にするよりも、
思い切って少し仮眠時間を取り、
後で長い間続く集中力を買うようにしましょう。


こっちの方が『センス』ある考え方ですよね。



ただ、パワーナップを行うときに注意して欲しい点が2つあります。




1つ目は、パワーナップを取る時間は15分~20分程度に留めておくこと。

30分以上寝てしまうと、頭痛を引き起こしてしまったり、
集中力や注意力が散漫になったりしてしまうからです。


2つ目は、イスに座った状態や、机に付した状態で仮眠すること。
ベッドや布団に潜り込んで眠ってしまってはいけません。

これはベッドや布団に潜り込んでしまうと、本格的に眠りに入ってしまって、
30分以上の睡眠となってしまうリスクが非常に高いからです。



PS.



ちなみに、このパワーナップ、
私が受験生だったころはその用語すら知りませんでした。
なんとなく効果がありそうだから、
朝比奈が本能的に、自分で勝手に実践していたことでした。



それにしても、朝比奈が本能的に受験生の頃実践していた習慣が、
GoogleやAppleのような世界的大企業でも導入されているなんて、
朝比奈もやりますねぇ。


日本企業も、もっと積極的に導入すれば良いのにね。




『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。