会計士試験講座

【屁理屈なし】結局、他の受験生を圧倒するのにはこれが一番効く

何よりも、試験勉強を毎日継続すること!!




結局、勉強する上で一番効くのが、
やっぱりこれなんです。


何があろうと、どんなことを言われようと、
とにもかくにも




毎日やる!!!!




です。




雨が降っても、

槍が降っても、

花火大会があっても、

クリスマスのパーティがあっても、

正月になっても、

デートの約束があっても、

風邪を引いても、

お腹が痛くなっても、

阪神が負けても、

好きなアイドルが結婚しても、

同級生が結婚しても、

ミサイルが飛んできても、




とにかく毎日やること!!!




習慣として確立すること、

すなわち勉強に関してどんな決断も必要とせず、
継続できるようにする
ためには、

その段階に達するまで毎日、毎日とにかく勉強を繰り返すことです。




これこそが、本当に身に着けたい習慣を身につける秘訣です。




たとえ体調が悪かったり、
どうしてもはずせない用事があったりしても、
完全に休むのは危ないです。


そういう日はせめてテキストをちょっとだけでも読んだりとか、
定義や用語を少しだけ暗記してみたりとかして、
試験勉強の内容に少しでも触れるようにしてください。

毎日ちょっとでも良いから続けること、
これが何よりも大事なんです。




毎日取り組むことが何よりも大事。
だから、「週末の1日は定休日にしよう・・・」
とかいった取り決めは




厳禁!!!




です。


短期合格を目指しているのなら、
それくらいは我慢してくださいね。


毎日だらだらと勉強して、
勉強もよく休みがちになっていて、
3~4年かかってやっと合格するのと、



毎日継続して、集中して勉強し、
1~2年程度の短期集中で合格するのとでは、



圧倒的に後者の方がいいでしょ?





朝比奈が、本当の、本気で勉強を始めたのは、
大学2回生の3月頃でした。
ちょうど、2回生から3回生に上がる手前ですね。

それまでに会計士の勉強ももちろんしていましたが、
バイトやサークル、ゼミの活動にも取り組んでおり、
勉強をお休みする日も多々ありました。


本気で集中したのは、3月からです。

バイトは長期の休みをもらいました。
サークルは辞めました。
ゼミは流石に出席必須だったので、
必要最低限の活動だけしていましたが。

それ以外にも、友人との遊び、大学の講義などは全て捨てて、
勉強だけに全力投球でした。



3ヵ月後には5月短答が差し迫っており、
そこで合格したとしても、
そのまたすぐ3ヶ月後には8月論文が待ち控えていました。



朝比奈は、かなり追い込まれていました。

論文の試験科目の租税法、経営学なんてほとんど手をつけていない状態。
短答の4つの科目についても途切れ途切れで勉強していたので、
勉強した内容や論点もほとんど記憶に残っていない状態でした。




まあそこから朝比奈が逆転の一発合格を果たしたのはご存知だと思いますが、
その、3月から8月までの約半年の勉強期間。




そこから朝比奈が勉強をお休みした日は、
(例外中の例外の)1日だけ除いて、
本当にありませんでした。

3月から8月まで毎日毎日、土日祝も含め、
10~12時間の勉強を続けていたのです。



これが朝比奈が短期合格できた、
一番の理由ともいえるかもしれませんね。




毎日、継続して勉強することの威力が、
お分かりいただけたでしょうか。
だからこそ、勉強は1日たりとも休むべきではないのです。




1日、与えられていれば何ができるでしょう?

もちろん、入門期のうちは知識のインプットをするだけで精一杯だと思います。


でも、試験を間近に控えた直前期の1日は、
入門期の1日よりもはるかに重要度が増します。



私は直前期の1日だけで、

まず1~2回分の答練を解いて復習、
そして1~2冊分の問題集の復習をこなし、
テキスト1冊分丸々の復習をこなしていましたね。


このように直前期になれば1日で、
大量のことがこなせるようになっているのです。
(これが継続力、学習の転移による脳力の爆発の効果ですね)



この時期に、1日でも休むということは、




致命的なロス




になるのです。




もちろん、入門期の段階でも休んで欲しくはないのですが、
特に直前期では絶対に勉強は1日も休まないようにするよう、
注意してくださいね。
(もちろん、健康が最優先ですが)


また、『人生を変える習慣のつくり方』P161でも、
以下のように説明がありますね。



「1度やめたことを再開するほうが、
ゼロから始めるときよりもはるかに大変なのだ。
「以前やっていたのだから、またすぐに始められる」と思いがちだが、
再開するというのは想像以上につらい。
(中略)そこに目新しさはなく、前に苦労したことばかり思い出すので、
どんどんやる気が失われていくのだ。」



このことから分かるように、
仮に1日でも勉強を休んでしまうと、
休んだ次の日の勉強がとてつもなく億劫になってしまうという、
非常に大きなリスクがあるのです。




ちなみにですが、世の人々が休日の後の、
月曜日の学校や会社に特に憂鬱を感じている理由も、
このあたりのことが関係しています。



PS.



短期合格するためには、
こういった少し辛いことも受け入れなければなりません。

毎日勉強を継続しなければならない、
ということは短期合格を目指す上では否定しようがない要求事項なんです。

でも、そうやって辛いこと乗り越えて合格を勝ち取るからこそ、
価値があるのです。



『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。