会計士試験講座

書く勉強・ノートを作る勉強は無駄

あなたは、普通の勉強のやり方というと、どういうものを思い浮かべますか?

何か勉強をするときには、とりあえず、ほとんどの人が学校や予備校の授業を受けるわけですよね。

授業では、先生が教壇に立って、今学習している分野のことをペラペラと喋り、黒板に色々と書いていきます。そして先生が黒板に書いていったことを、生徒がノートに書き写していくわけです。

こんな感じで、世間的には板書をノートに書き写していくこと、ノートを作ることが、効果的な勉強法とされています。

私が学生の頃も、蛍光ペンや色ペンなどを使って、見やすい「まとめノート」を、長い時間かけて一生懸命に作っている同級生の女の子がいました。

表紙にはカラフルな模様とか、かわいいキャラクターの絵とかが書かれていて、まとめノートがまるで一つの芸術作品のようでした。

ハッキリ言っちゃいますね。

こういうの、時間のムダですよ。

ノート作るより、テキストを何回も読む方が効率的

確かに、きれいにまとめられたノートを作れると気持ちが良いですね。それに、こういうノートを作ると、それだけで勉強した気分にもなれますよね。達成感もすごいですよね。

・・・で?

それが、実際に試験問題を解く上で何の役に立ちますか?

そもそもノートを作ったところで、そのノート、見返しますか?

復習したいと思ったら、ほとんどの人が元からきれいにまとめられているテキストを見るでしょう。

まとめノートを作ったところで、復習のときに結局テキストを見るなら、ノートの作成に使った時間はムダ以外の何者でもありません。

「いやいや、ノートを作っているうちに、頭の中で学んだ知識が体系的に整理されていくし、ムダじゃないよ!!」と思う人もいるかもしれません。

でも知識を整理することは、テキストを読んでいくうちに、自然に出来てくるのではないでしょうか。

そもそも、「書くこと」って、不必要に時間がかかりすぎるんですよ。読むのにかかる時間が1だとすると、書くのには5くらいの時間がかかります。

つまり、テキストに書いていることをノートに1回書き写している間に、同じ文章を5回も読めることになるのです。

そしてどちらの方が知識が定着しやすいかというと、当然5回読んだ方に決まっています。なぜなら、知識を定着させるのに大事なことは、同じことを何度も繰り返すということだからです。

これは脳科学でも証明されている事実で、

何度もインプットを繰り返すことで、学んだことが記憶として定着しやすくなる

と、脳科学者の茂木健一郎さんも言っています。

インプットの方法として「ノートを作る」は非効率

また、板書やテキストの文章をノートに書き写すときって、どうやってノートにまとめるかとか、どの蛍光ペンを使うかとか、文字のサイズはどうしようかみたいに、ノートをきれいにまとめることだけに意識がいってしまうのです。

要は、ノートを作ることが目的になってしまっているということです。ノートを作るのは、あくまでもインプットのための手段に過ぎないのに関わらず、です。

そのせいで、インプットがうまく出来ていない人が続出するわけです。

このように、書く勉強・ノートを作る勉強はマジで時間のムダです。

事実、先ほどお話した、きれいなノートを作っていた同級生の女の子は、お世辞にも成績が良いとはいえませんでした。

一方の私は、ノートの字が汚いとか言われたり、ときには板書をノートに書き写してすらいませんでしたが、定期テストでは良い点を取れることが多かったです。

これは、書く・ノートを作るというムダなことに時間を使わず、テキストを何回も読むという効率的な方法でインプットしていたおかげです。

 

また、勉強するときには、定期的に問題を解いて自分の知識をアウトプットしないと、自分がどこまでちゃんと理解できているかは分かりません。

実際にアウトプットすることで、初めて自分の理解が甘い分野や、弱点などがハッキリ分かります。そして、そこで分かった自分の弱点だけに集中して勉強すること。これが、効率の良い勉強法です。

このように、効率の良い勉強をするためには、アウトプットの時間をできるだけ増やしていく必要があるんです。

そのために、知識のインプットに使う時間はなるべく最小限にすべきです。極端な話をすれば、テキストを一通りさらっと読んだら、もう問題集を解き始めても構わないくらいです。

それなのに、きれいな「まとめノート」を作ることに長い時間をかけている人は、ハッキリ言ってアホです。インプットに時間をかけ過ぎなのです。

その結果、問題を解く段階になってようやく、授業で学んだ知識が全く頭の中に入ってなかったことに気付くのです。

問題を解くときはノートに書いてもいい?

実際に問題を解くとき、すなわちアウトプットするときは、手を動かして下書きや解答を書いていいです。

これは、①単純にアウトプットの方法が書くことしかないから、②頭の中では分かっていたつもりでも、実際に問題を解いてみたときに、解答が書けないかもしれないからです。

そして、この「書けない」という状態が、自分の理解度や自分の弱点をハッキリさせてくれるわけです。

ただ、問題を解くときにも、「書く」という作業はなるべく最小限にしましょう。先ほどもお話した通り、書くことには不必要に時間がかかるからですね。

特に論文式試験の勉強をしているとき、長い論述を書かせるような練習問題があったんですけど、私はその解答をバカ正直に、全部丁寧に書くことはしませんでした。

具体的には、答案構成をした後、答案に書くべき内容を箇条書きで書いただけでした。それが終わったら、すぐに解答・解説を見るようにしていましたね。これだけでも、自分の知識の確認やアウトプットの練習には十分効果があります。

まとめ

結局、今回の記事でお伝えしたかったのは、勉強するときは、「書く」という作業にこだわりすぎるなということです。

学校教育では、教師が授業で作らせたノートを提出させたり、ノートをきれいにまとめることを褒めたりして、「書く」ことを無駄に勧めてきます。

しかしながら、ハッキリ言ってあれはクソです。試験を突破するための、効率的な勉強法からは程遠い勉強になっています。

一度の「書く勉強」よりも、何度も「読む勉強」。

これが一番効率的な勉強法なのです。

成績が伸び悩んでいる人は、これがよく分かっていません。

だからインプットのときに、とりあえず学校で教えられた「書く」という非効率な勉強をしてしまうのです。そして、そういう人達を尻目に、「読む勉強」をしている人がさらっと短期合格をしていきます。

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。