会計士関連情報

別に私は会計士を目指すなと言っているわけじゃない

会計士は思ったほど儲からないとか、予備校の煽り文句はウソだとか散々書いてきましたが、改めて主張させてください。

私は、会計士は全くオススメしないだとか、会計士は目指すに値しない資格だとか、そういうことを言っている訳ではないのです。

資格も学歴も役に立たなくなってきているとは言われますが、それでも日本社会においては、いましばらくは一定レベルの武器にはなると思います。

あなたが会計士になってやりたいことがあるなど、自分のビジョンが明確に存在しているならば。
全然会計士を目指して良いと思います。
そして、私は会計士試験をパスするための最短ルートをお示しすることができます。
勉強法に関する質問などがあれば、ご自由になさって下さればと思います。

ただ、あなたがもし予備校などの甘い言葉にだまされて、安易に会計士を目指してしまっているならば、会計士の現実もきちんとお伝えして、目を覚まして欲しいとも思っています。

監査法人で働くことが、過去と比較して旨みがなくなってきている、というのは事実です。

長時間残業は普通です。残業代を絞られることも日常茶飯事です。

上下関係も厳しいです。一般企業よりも。
クライアントと飲みに行ったときも、「なんだかすごく上下関係厳しそうっすね~」と言われたときもありました。
(先輩がいる手前、「そうなんですよ~、辛いですわ~」と本音を言うわけにもいかず、「いや、そんなことないですよ!風通しのいい組織です~」という当たり障りのない返ししかできませんでした。これが悲しいサラリーマンの性です)

もしあなたが巷の噂にだまされて、監査法人への就職を魅力的と感じてしまっているのであれば、是非一度考え直してみてください。周りに会計士の先輩がいれば、実際にお話を聞きに行ってみるのもいいかもしれませんね。

その先輩も、もしかしたら監査法人を辞めたがっているかもしれません。
そして、その先輩からどういうところが嫌なのか、次はどういうところへ転職しようと考えているのか、というような有益な情報が得られるかもしれません。

とにかく、これから会計士を目指される方は、監査法人への就職をゴールと思わないほうがいいと思います。
監査法人への理想と現実のギャップが激しすぎて、入ってからショックを受けると辛いものがあります。

(最近は監査法人も人手不足のために採用活動に必死で、受験生を囲い込もうとしています。会社説明会も熱心に行って、懇親会まで企画しているようですね。そうやって入社前は受験生を「是非うちに入って下さい!」とか、「あなたと一緒に働きたいです!」と煽って、これでもかと持ち上げます。そして目を輝かせながら入ってきた新人は、悲しいことに下っ端として荷物持ちや、コピー係、打ち上げの幹事としてこき使われる未来が待っています)

ちなみに、畑違いではありますが、司法試験の受験界隈の権威である伊藤誠先生も、受験生に対して「合格後を見据えて勉強することが大事」と主張されています。

全くその通りだと思います。

試験合格は、スタートでしかないのです。

スポーツの世界でも、一流の選手であるイチローや本田圭祐は幼少の頃から「プロになるのは当たり前、プロになってからどうする」ということをしっかりと考えて練習に取り組んでいたそうです。

一流の人達が普通の人と違う点は、はるか先の未来にまで至る明確なビジョンを持っていることです。

人生、何かを成すためには短期のスパンで物事を考えていてはいけません。
1年、2年かかっても、何も成し遂げることができないことはザラです。

アメリカで大成功を収めているセールス&マーケティングの権威、ダン・ケネディも著書で『大成功が「一晩で」成し遂げられるわけがない』と語っています。

会計士試験の合格、監査法人への就職はあくまでも通過点にすぎません。
合格できたからといって、監査法人へ就職できたからといって、それだけで「大成功」を成し遂げたとは、個人的には思いません。
スタートラインに立った位にしか思えないのです。

試験合格だけを目標に掲げているようではだめです。
二流どまりの人間で終わってしまいます。


会計士の資格を取れば人生が変わる、人生逆転だ、ということもありません。
資格を取ったからといって、あなた自身は何も変わりません。

所詮、資格は資格だと捉えましょう。
あなたの人生を変えることができるのは、あなた自身しかいないのです。

資格に頼ってちゃいけないのです。
資格に依存しよう、資格に助けてもらおうと思ってはいけないのです。

資格は、あくまでもあなたの人生を変えるための道具です。
資格をどのように使って、どのように人生を変えるのかは、あなた自身の力量の問題です。
人生を良くするために、資格は大いに利用してやるべきものです。


せっかく会計士を目指されるのであれば、監査法人への就職のみに留まらず、受験生時代からもっと先のことを見据えて勉強するほうが良いです。
監査法人勤務というサラリーマン生活に留まる必要はありません。

しかも、大抵の受験生は合格後のことなんて大して考えていません。
合格できればそれでいいや~位にしか考えていないのです。

だから、そこから一歩先のことを考えられるだけで、大きな差をつけることが出来るのです。

そもそも論になるのですがね、せっかくの人生じゃないですか。
どうせならね、もっと大きなこと、社会にインパクトを与えるようなことをしたいじゃないですか。

それに何らかの形で会計士資格が使えるのであれば、それはそれで大いに良いことだと思います。
私も今、そういう道を模索中です。

PS.

このブログでは監査法人のことを散々にディスる傾向がありますが、それでも監査法人での経験は大いに財産になるとは思います。

おかしな人もいますが、監査法人には基本的には良い人が多いですし、そういう人から学ぶことも多いです。
日々、色々な異なる会社へ往査に行く、というワークスタイルも一般的な会社ではまず経験できないでしょう。

普通の会社では決して得ることの出来ない経験は、きちんと得ることが出来ます。

監査法人は、個人的には腐った組織だとは思います。
でも、短いスパンで働くのであれば、全然選択肢としてアリだとも思っています。

だから、合格してとりあえず監査法人、という道は全然間違いじゃないですよ。

(長期間居続けるのは全くオススメしないけどね!!)




『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。