会計士関連情報

警告!!公認会計士試験合格を目指すあなたへ

どうも、朝比奈です。

私は会計士試験には大学在学中に一発合格して、大手監査法人での勤務経験を経た後、現在は独立している現役の公認会計士です。

さて、そんな現役会計士という立場である私から、会計士試験の合格を目指すあなたへ、いくつかアドバイスをしておきましょう。

ちょっと厳し目な話もしますが、早めに現実的なことも分かっておいた方があなたの人生に役立つと思うので、少しお話にお付き合い下さいませ。

監査法人で働くのは、普通の会社員とほぼ同じ?

あなたは今、大学生ですか?もしかしたら社会人かもしれないですね。

あなたはなぜ、会計士を目指すのでしょう?

地位と名誉が欲しいからですか?高収入が欲しいからですか?安定が欲しいからですか?独立したいからですか?スマートに働きたいからですか?先生と呼ばれたいからですか?一般的な就活がしたくないからですか?会社員生活に嫌気がさしたからですか?

まあ理由は色々あると思うんですけど、会計士を目指している人の中には、「普通のサラリーマンは嫌だ!」と思っている人も多いと思います。そして、会計士になれば普通のサラリーマンから逃れられる、そう考えている人もいるかもですね。

甘いです。

会計士試験に受かったら、あなたは監査法人へ就職するでしょう。しかし、監査法人は普通の会社で働くのとほとんど変わりはありません。お給料は一般企業よりもかなり良いんですけどね。

監査法人での仕事の内容としては、ひたすら会社の資料とにらめっこしたり、エクセルと格闘したり、部下や後輩の面倒を見たり、って感じです。向いている人にとっては仕事が楽しいと感じるかもしれませんが、向いていない人にとってはとことん楽しくないかもしれません。

あと、残業も結構多いです。特に、東芝の不正会計処理事件があったときは、世間から監査法人に一層厳しい視線が向けられるようになって、監査で調べなければいけない項目が増え、業務量もかなり増えてしまったんですよね。

そのせいで、私が監査法人で働いていたときは、定時で上がれる日なんて無いに等しかったですね。「定時って何それ食えるの?」レベルでした。

みんな事務所で遅くまで残って、責任を持って自分の仕事に取り組んでいました。終電帰りも、珍しくもなんともなかったです。

それを「専門家たるもの、日々業務後の時間で自己研鑽に励んで当然!」だとか、「定時後の勤務時間は自己学習!」みたいなことを言うような会計士もいてて、「ストイック過ぎるだろ!w」と思ったものです。

※ただ、最近は監査法人でも働き方改革が進められていて、監査手続の見直しが行われました。そのおかげで、今は以前より業務量も少なくなっていて、定時で上がれることも多くなっています。

独立して成功するのも、半端な覚悟では難しい

あなたは、監査法人でそこそこ経験を積んだら、いずれは独立したいと思っているかもですね。

でも、独立は簡単に出来るものではありません。そしてそもそも、『会計士として』独立するのは結構、難しい話です。

会計士試験の勉強しているあなたなら知っていると思いますが、会計士の独占業務は『会計監査』です。監査は、それこそ上場しているような大企業を相手にする業務なので、一人だけではとても出来ない業務です。

それこそ監査法人に勤めている会計士たちが、チームを組んで、日々奮闘しながらやってるような業務なのです。だから、もし監査だけで独立してやっていきたいなら、小規模な企業や団体を相手にするなどの戦略が必要になってきます。

というわけで、会計士が独立するときは、会計士登録とは別に、税理士登録もして、税務申告の代行や税務のコンサルタントとして独立するパターンがほとんどです。

その税理士も供給過多で競争が厳しいので、税理士としてうまくやっていきたいのであれば、例えば集客や営業などのスキルを別で身につける必要があります。

まあ、競合が少ない分(=難しい試験を突破した人じゃないと出来ない分)、飲食店や喫茶店などで独立するよりはやりやすいんですけどね。特に、「私は会計・税務を愛していて、どうしてもそういった仕事に携わりたいんだ!」みたいな情熱を持っている人なら、尚更成功しやすいでしょう。

とはいえ、ただ単純に普通の会社員生活がいやで、独立さえできればなんでも良かった、独立するのにちょうど良さそうだったから会計士を目指した、みたいな人が何も考えずに独立して成功できる、ってことはあり得ません。

独立するからには、中途半端な覚悟ではダメです。収入が安定するまではひたすら仕事したり、自己研鑽したりしていかなければいけません(とはいえ、会計士試験と同じくらい本気で頑張れば、割と普通にいけるんですけどね)。

会計士を目指すことのリスクも考えておきましょう

こんな感じで、会計士試験に合格した後、監査法人で働き続けるのであれば、その実態は少し忙しめの高給サラリーマンって感じです。まあ、高給というだけで十分目指す価値はあるのかもしれませんが。笑

私が監査法人で働いていたときは、一部の先輩や同僚は「やりがいを全く感じない」「残業いやだ」「早く帰りたい」「飲み会つまんない、行きたくない」という人もいました。

また、このまま監査法人に残っていても成長ができないという理由で、他の一般事業会社に転職した先輩もいます。

それから、会計士として独立するのも簡単ではないし、やるからには半端な覚悟ではできない、ということでしたね。

 

さて、これまでの話を聞いていて、どう思ったでしょう?少し現実的で、厳しめなお話もしましたね。会計士になりたいのなら、これまでお話したような現実的な話も考慮に入れた上で、「それでも会計士になりたい!」と思える人が目指すべきです。

会計士試験の勉強をするためには、あなたの貴重な時間とお金を使わなければいけないわけですから。それも、少なくない量をです。

まず、予備校の学費がものすごくかかりますよね。私が受験生だった頃は60万~80万くらいかかりました。しかも、一回目の試験で合格できなかったら、また新しく過年度生向けの講座を申し込まなければなりません。これにも追加で40万以上はかかります。

受験勉強に専念していたら、バイトや仕事もできないので、そんな大金、すぐには用意できないことでしょう。そこで、親から借金するか、または銀行や消費者金融などから借金するなどの策を取らないといけません。

無事に会計士になれればそれくらいの借金、すぐに返せるんですけど、なかなか試験に合格できない・借金を背負い続ける、というリスクも考えておかないといけません。

 

・・・まあ、こういったお金の話は割とどうでもいいです。お金はあとで働いて稼いだら何とかなる話ですからね。会計士試験の勉強では、高くてもせいぜい数百万くらいの借金で済むでしょう。数千万の借金まではいかないでしょうから、いずれ返済できるレベルの話です。

でもね、本当に取り返しがつかないのが、時間です。あなたが一生懸命、勉強することに使ってきた時間はどんなことをしても、戻ってきません。

あなたも、何年勉強に時間を費やしてきましたか?半年?1年?2年?3年以上かもしれないですね。

いずれにせよ、会計士試験の合格を目指すなら、そんな長期間にわたる時間を勉強だけに使わないといけないわけです。あなたの人生にとって最も貴重な資源である時間を、です。

特に、あなたが20代だったら要注意です。人生でもっとも楽しくて働き盛りの20代という時期を、勉強だけに使うなんて、もったいないと思いませんか?

そこまでの犠牲を払っても、もし、試験に合格できなかったら・・・

お金が足りなくなったなどで、会計士になるのを諦めてしまうような結果に終わってしまったら・・・

そんなこと、想像したくもないことですよね。

新卒での就職のタイミングを逃して、ひたすら勉強だけに励んで、変に知識だけは身について、プライドだけは一人前になってしまったけど、結局試験には合格できずに終わってしまって。

気付いたら自分もいい年齢になっているんだけど、ふと周りを見渡すと、同級生の友達は結婚したり、会社で出世したり、楽しそうに暮らしているわけです。そんな中、自分には実績も何もないわけで。

自分にあるのは、受験勉強で身に付けた多少の知識とプライドだけです。

頑張って就活したところで、元会計士試験の受験生というだけでは、どこの会社も評価してくれないでしょう。実務では役に立たないような知識しか持っていないのに、プライドだけは高い人間なんて、どこの会社も雇いたくないでしょうから・・・

そういうリスクを、あなたはきちんと考えられているでしょうか。そういうリスクを背負ってでも、「絶対に会計士になりたい!」と思えるでしょうか。

撤退するのか、短期合格を目指すのか

あなたも、もしこの記事を読んで、会計士を目指すという気持ちが揺らいだのであれば、今すぐ会計士試験から撤退することをオススメします。

この程度で気持ちが揺らぐようならば、これから先の試験勉強を突破するのも、会計士になってから実務の世界で生き抜いていくのも厳しいでしょう。

きっと会計士になっても、後悔すると思います。

有無を言わさず、とっとと撤退するのです。傷が浅いうちに、取り返しがつかなくなる前に、撤退しましょう。

 

・・・もしくは、先ほど挙げたようなリスクを回避するために、今の状況から最短で試験に合格すべく、めちゃくちゃ頑張るか、ですね。

この記事を読んでも、「どうしても会計士の資格が欲しいんだ!会計士じゃなきゃいやだ!!何が何でも受かりたいんだ!」という決意があるあなた。

「会計士になって、絶対にやりたいことがあるんだ!」という立派なご意思があるあなた。

「ずっと試験に落ち続けているのです。気付くといい年齢になっていました。でも今更、普通の会社へ就活なんて出来ない・・・だから、会計士試験に合格するしか、道は無いんです!!」というあなたも。

もし本気で会計士試験に短期合格したいのであれば、大学在学中に一発合格した私の勉強法をお教えしましょう。

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。