会計士関連情報

公認会計士試験の合格に必要な勉強時間はどれくらい?

どうも、朝比奈です。

「公認会計士に興味があるけど、勉強を始めてから試験に合格するまで、一体どれぐらい勉強時間が必要になるんだろう?」

こんな疑問をお持ちのあなたに、公認会計士試験に合格するまでに必要な勉強時間について、実際に在学中に一発合格した私の体験談も交えながら、お話ししていこうと思います。

この記事を読めば、勉強を始めてから何年ぐらいで試験に合格できるのか、1日にどれぐらい勉強時間を確保しなければいけないのか、そして各試験科目にどれぐらいの勉強時間をかければいいのか、大まかなイメージがつくようになります。

それでは、早速。

公認会計士試験に合格するまでにかかる年数

まずは公認会計士試験に合格するまでに、実際にどれくらいの年数がかかるのかについて、お話ししていきましょう。

ぶっちゃけ話をすると、毎日10時間以上の勉強をぶっ通しで続けることができれば、1年で公認会計士試験に合格することはできます。

私自身、大学3年生の時に公認会計士試験に一発合格できましたが、当時を振り返ってみたところ、長く見積もっても勉強だけに集中していた期間は1年程度でした。

勉強始めたばかりの頃は、バイトやサークルなどに取り組んでいて、あまり勉強していなかった時期もありました。

そのことも踏まえたら、巷で言われているよりも、はるかに短い勉強時間で合格することができたと思います。

しかしながら、まあ受かるかどうか結構ギリギリのラインを攻めていたと思うので笑、勉強期間の目標を1年に設定するのはあまりオススメしません。

一方で金融庁が取ったアンケートによれば、試験合格者が勉強にかけた期間の平均が3年程度らしいです。

しかしながら、個人的にはこれはちょっと時間がかかり過ぎかな、と思います。

大手予備校の公認会計士試験講座を見たところ、やっぱり1.5年から2年程度で合格を目指している講座が多いですし、公認会計士試験全体の学習量から考えてみても、3年はかからないと思います。

以上を踏まえて、余裕を見て、通常2年程度の時間は合格までにかかると考えておけば良いでしょう。

2年の勉強期間で一発合格できれば、全ての受験生の中でもかなり優秀と言える部類です。というわけで、まずはこのレベルを目指しましょう。

公認会計士試験に合格するまでに必要な勉強時間

次に、公認会計士試験に合格するまでに必要な勉強時間についてお話ししていきますね。

必要な勉強時間について、世間的に多く言われているのが3,000時間という目安です。ただ、あとで詳しく話しますが、私自身はこれよりもう少し短い時間で合格できました。

また、合格までに必要な勉強時間については、人によって結構変わってきます。

例えば、ものすごく理解力の早い人だとか、書くのが早い人、計算が得意な人などは、3,000時間よりももっと早く合格レベルに達すると思います。

反対に、学習した内容をじっくり理解したい人や、細かい規定や制度までしっかりと押さえておきたいという人なんかは、もう少し時間がかかるかもしれません。

あと、試験に一度落ちてしまった人は、もう1年追加で勉強時間が必要になってくるので、勉強時間が長くなる傾向にあります。

とはいえ、どれだけ長くかかったとしても、4,000時間くらいあれば合格レベルには達するでしょう。

多くの勉強時間が必要になる理由

先程、3,000時間という一つの指標を挙げましたが、これを見て「こんなに勉強しないといけないの!?」と思ったかもしれません。

ただ、公認会計士試験は世間的には最難関だと言われているくらいですし、最低限、これくらいの勉強時間は必要になってくるでしょう。

一応、三大国家資格と言われてもいますからね。

プロフェッショナルになるためには、乗り越えていかなければならない壁だと考えていただければと。

ではなぜ、これだけ多くの勉強時間が必要になるのでしょう?

これは次の二つの理由があります。

  • 学習範囲が広い
  • 学習内容が専門的

順番にお話していきますね。

学習範囲が広い

プロフェッショナルとは、ある特定の分野について、ものすごく詳しい人のことを言います。

そして公認会計士は、会計・監査のプロフェッショナルになるわけで、クライアントのニーズに応えるためにも、当然幅広い知識を備えておかなければなりません。

クライアントから何か質問があった場合も、素早く回答できる必要があります。

何も物事を知らないような人が、「私はプロフェッショナルだ!」とか言ってても、「大丈夫かよこいつ」みたいな状態になりますからねw

公認会計士は、まず大前提として我が国の会計基準に詳しくないといけないのですが、その他にも、例えば原価計算基準だとか、会社法や商法、監査基準、法人税法や所得税法、消費税法、果ては経営に関する理論についても、幅広く身に付けておかなければいけません。

そして、受験生のうちからこれらの様々な制度やその内容、そしてその趣旨などをまんべんなく理解しておく必要があるので、どうしても学習時間が長くなってしまうのです。

学習内容が専門的

また先程お話しした通り、公認会計士はプロフェッショナルなので、会計士試験の勉強で扱う学習内容も、かなり専門的なものになります。

例えば公認会計士試験の試験科目の一つである財務会計論では、主に会社の決算書の作り方を学ぶのですが・・・

決算書の数値を計算していく上で、どうしてそういう会計処理が必要になるのか、その会計処理が定められた背景は何か、そしてどうすれば企業活動の実態を決算書にうまく表現できるのか、といったようなことまで事前に深く理解しておかなければなりません。

そしてその過程で、たくさんの専門用語や専門的な処理を覚えていかなければならないのです。

このように、公認会計士試験の勉強で学習する内容も専門的で難しいので、その内容を理解するだけでも時間がかかってしまう、というわけなんです。

1日あたりに必要な勉強時間

さて、合格までに必要になる年数や、トータルで必要になる勉強時間について、大まかな話ができたところで。

今度は1日あたりに必要な勉強時間について、お話ししようと思います。

先ほどと同様、あくまでも目安の話になりますが、トータルで必要になる勉強時間が3,000時間になるので、これを2年間の日数、つまり730日で割ると1日あたりの勉強時間が算出できます。

3,000時間÷730日≒4.1時間

・・・思ったより少ない時間になったのではないでしょうか?(ていうか私自身がびっくりしましたw「こんなに少ない時間で良かったんだ!」と思いましたねw)

 

とはいえ、この数字を鵜呑みにして欲しくはありません。

というのも、確かに勉強を始めたばかりの頃は、そんなに勉強しなくても、予備校のカリキュラムに追いついて行くこともできるんです。

予備校も、最初の頃は勉強に対するハードルを低くするために、講義のコマ数や教材の量も少なめに設定しているからです。

しかし、試験が近づくにつれて、徐々に講義のコマ数や教材の量が増えたり、模試(=答練)などもどんどん配られてくるので、それらを全部消化しようとすると、必要な勉強時間もどんどん増えていくのです。

また、公認会計士試験は割と短期間のうちに詰め込んだ知識が、記憶から抜け落ちないうちに本番に突っ込んでいく試験でもあるので、直前期に勉強時間を多めに確保した方が、合格しやすい傾向にあります。

勉強を始めた段階ではそんなに勉強時間を確保しなくても、試験が近づくにつれて多めに勉強時間を確保していく(例えば1日10時間以上勉強するとかね)ことで、合格できる可能性をグッと高めることができます。

逆に言えば、最初はめちゃくちゃ勉強できていたとしても、途中でエネルギー切れを起こしてしまって、直前期に勉強をサボってしまったら、不合格になってしまう危険性もあります。

やっぱり人間は、何か新しい物事を始めたときはモチベーションが高い傾向にありますが、それを継続するうちにモチベーションが下がっていく性質を持ってますから。

というわけで、いかに勉強に対するモチベーションを本番に向けて高めていくことができるか。これが公認会計士試験を制するための秘訣と言えるでしょう。

私の勉強時間実績について

ちょっと話が逸れてしまいましたがw

最後に、私が実際に公認会計士試験に合格するまでに、どれぐらい時間がかかったのかをお話ししておきましょう。

私が合格までにかかった勉強時間は大体2,800時間くらいかなと思います。

1日の勉強時間は、勉強を始めたばかりの頃は全然少なくて、せいぜい1〜3時間程度でしたね。日によってはバイトやサークルに行ってて、全く勉強していない日もありました。

そのせいで12月短答に不合格になってしまって、2ヶ月ぐらい絶望の日々を過ごしたのですが笑、その日々を乗り越え、3月頃から本気を出し始めました。

3月から8月末の論文式試験までの半年間は、ほぼ毎日12時間程度の勉強を続けていましたね。

まあ、直前期にそれぐらい本気を出せば、仮に勉強時間が十分に確保できなかったとしても、割と何とかなる試験なんだと思ってもらえれば。

あと、試験科目別の勉強時間についてもお話ししておこうと思います。

(各試験科目についての解説は、こちらの記事をご覧ください↓)

あわせて読みたい
公認会計士試験の試験科目について解説しますどうも、公認会計士の朝比奈です。 今回は公認会計士試験の試験科目について解説していこうと思います。 公認会計士試験は必須科目が5科目...

短答式試験の科目別勉強時間

短答式試験の勉強をするときは、そもそも試験科目の基礎的な知識から身につけておかないといけないので、どうしても勉強時間が長くなってしまう傾向にありました。

科目別の勉強時間は、大体以下の通りでした(あくまでも目安です)。

  • 財務会計論:約860時間
  • 管理会計論:約400時間
  • 企業法:約340時間
  • 監査論:約200時間

合計:約1,800時間

やはり財務会計論に一番時間かかってますね。公認”会計”士なので、やはりダイレクトに会計と関連する科目のボリュームが多く、勉強に時間がかかってしまうのは仕方がないことですね。

反対に、監査論にはあまり時間をかけてないですよね。

これは単純に、監査論のボリュームが少ないからというのと、監査論自体が費用対効果の悪い科目だからです。

監査論は実務と直結した科目なので、実務経験のない受験生にとってはとっつき辛く、難しい科目なんです。時間をかけて勉強したところで、点が取り辛い科目なので、勉強し過ぎても仕方ないんですよね。

だから私は、監査論の勉強にはそれほど時間をかけないようにしていました。ただ、そのせいで監査論の短答式試験の成績は6割5分だったので、若干失敗したんですけどw

でもその分、他の科目の勉強に時間をかけることができて、他の科目で監査論の失敗をカバーできたので、無事に短答式試験にも合格することができました。

論文式試験の科目別勉強時間

次に、論文式試験の勉強時間についてです。こんな感じでしたね。

  • 財務会計論:約300時間
  • 管理会計論:約50時間
  • 監査論:約80時間
  • 企業法:約120時間
  • 租税法:約350時間
  • 経営学:約100時間

合計:約1,000時間

私は5月の短答式試験に合格したので、8月の論文式試験まで、わずか3ヶ月しか勉強期間がありませんでした。

だからトータルの勉強時間もかなり少なくなっています。

ただやはり、勉強に時間かかっているのは租税法と財務会計論ですね。

租税法は、法人税法・所得税法など計算のボリュームが多く、かなりの時間を割かなければなりませんでした。

財務会計論も、暗記しなければならないことが多く、時間がかかってしまいました。

逆に、管理会計論には全然時間をかけてなくて、ほぼ答練(模試)を解くだけで終わってしまいました。

経営学もゼロの状態から勉強始めたのですが、科目全体のボリュームが少ないので、割と短い勉強時間ですみました。

企業法もそれなりに時間がかかりましたが、以下の記事に書いてあるような勉強法を実践することで、他の受験生よりも短い時間で完成させることができました。

あわせて読みたい
<科目別勉強法⑥>企業法の勉強法-論文編-どうも、朝比奈です。 今回は、企業法(論文)の勉強法について、お話していきますね。 企業法は、問題は2問出題されます。 全て論述問...

監査論も短答式試験と同じく、科目全体のボリュームも、暗記すべきところも少なかったので、比較的少ない勉強時間ですみました。

全体を通して、論文式試験はかなり上手く勉強を進められたかなと思いますね。

以上、ご参考にしていただければ!

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。