会計士関連情報

公認会計士試験の難易度は意外と低い?徹底分析します

どうも、公認会計士の朝比奈です。

公認会計士は企業の会計・監査のプロフェッショナルであり、医師・弁護士と並ぶ三大国家資格の一つとして数えられています。

こう聞くと、限られた人にしかなれない職業なんだと思われるかもしれませんし、実際に、世間的にも公認会計士試験の難易度はものすごく高いと思われています。

しかしながら、会計士試験を突破した経験者として語らせていただくと、会計士試験は世間的で言われているよりは難しくありません。

むしろ実際に試験を受けてみて、私は「思ってたより簡単だったな」という感想を持ちました。

「あなたは受かったからこそ、そう言えるんですよ・・・」と思われたかもしれませんが、これは私が実際に、受験生として会計士試験の勉強をしてきて、そして周りのたくさんの受験生を見てきた上で、確信を持って話せることなんです。

というわけで、この記事を読めば、あなたにも「そうなんだ、じゃあ自分も公認会計士試験に合格出来そうだな!」と思ってもらえるんじゃないかと。

公認会計士試験の特徴

それではまず、公認会計士試験の大まかな内容について見ていきましょう。

公認会計士試験の試験科目は全部で9科目

公認会計士試験の試験科目は、以下の9科目です。下の4科目は選択科目です。

  • 財務会計論: 企業の決算書の作り方を学ぶ科目
  • 管理会計論:経営者に役立つ会計理論を学ぶ科目
  • 企業法:企業周辺の法制度について学ぶ科目
  • 監査論:公認会計士の独占業務である会計監査について学ぶ科目
  • 租税法:法人税法・所得税法・消費税法について学ぶ科目
  • 経営学(選択科目): 企業経営に関する理論について学ぶ科目
  • 統計学(選択科目): 標準偏差や回帰分析などの統計的な手法について学ぶ科目
  • 民法(選択科目):国民生活に関して定めた法律について学ぶ科目
  • 経済学(選択科目): ミクロ経済やマクロ経済などの経済理論を学ぶ科目

※租税法及び選択科目は論文式試験のみ

選択科目は一つの科目だけを選んで受験すれば良いので、勉強しなければならない科目は実質的に6科目だけです。

いずれの科目でも、受験生が専門家となるにふさわしい知識を備えているかどうかが問われます。

各試験科目の詳しい解説についてはこちらの記事をご覧下さい。

あわせて読みたい
公認会計士試験の試験科目について解説しますどうも、公認会計士の朝比奈です。 今回は公認会計士試験の試験科目について解説していこうと思います。 公認会計士試験は必須科目が5科目...

受験のハードルが低い国家試験

公認会計士試験の大きな特徴として挙げられるのが、国家試験だけど受験のハードルは低いということです。

例えば司法試験であれば、法科大学院を修了しなければ受験資格が与えられませんし、医師国家試験であれば、医学部を卒業していなければ受験資格が与えられません。

しかし、この公認会計士試験には特段の受験資格がなく、誰でも受験することができます。年齢制限もありません。中学生でも受験することができますし、定年を迎えたような年配の方でも受験することができます。

この受験のハードルの低さは受験生にとっては魅力的です。そして、公認会計士試験の難易度を下げている理由の一つだと思います。

史上最年少で、16歳で公認会計士試験に合格したという人もいます。驚きですよね?高校1年生くらいの年代でも合格できるのです。

ちなみに私がそれくらいの年齢だったときは、部活の練習に励んだり、友達とカラオケに行ったりしてましたね〜。・・・普通すぎて何の自慢もできないですねw

各試験科目の難易度も、言うほど高くない

公認会計士試験の試験科目には、先ほどお話した通り9つの科目があるわけですか、それぞれの試験科目の勉強で扱う学習内容も、専門的ではありますが、難解すぎるレベルの話でもありません。

きちんと講義を受けて、問題集の問題を解いて、テキストで復習すれば、普通に理解できるレベルのものばかりです。

あと、たまに「公認会計士は数字を扱う職業だから、会計士試験の勉強にも高度な数学の知識がいるんじゃないか?」と思っている人がいるのですが、そんなことはありません。

確かに管理会計論の勉強で、数学の知識を使うときがあるんですけど、それでも連立方程式や一次関数の話が分かっていれば十分に対応できるレベルです。

ただ、選択科目で統計学や経済学を選んじゃうと、微分や積分など難しい数学の知識が必要になってきます。しかし、ほとんどの受験生は難易度の低い経営学を選ぶので、あまり関係のない話です。

学習量は多い

ただ一つ覚悟を決めておいてほしいことがあって、それは試験範囲が膨大だということです。

例えば私の通っていた予備校では、財務会計論の簿記のテキストだけでも12冊もあって、テキストの勉強と並行して、同じく12冊もの問題集の問題を解いていかなければなりませんでした。

他の試験科目も、財務会計論ほどではありませんが、少なくない学習範囲の知識をまんべんなく覚えていかなければなりません。つまり学習量が半端なく多いということで、それに伴って、勉強時間も相当程度かかってきます。

まあこれは、一つの業界のプロフェッショナルになろうというわけですから、それくらいのハードルは越えてきてくださいね、という金融庁のメッセージかもしれませんね。

ただ先ほど言った通り、学習する内容自体は、人並みに努力していれば理解できるようなものばかりで、難易度もそんなに高くないです。

難易度低〜中の学習内容が大量にある、といったイメージでしょうか。

まとめると、公認会計士試験は学習量がちょっと多いくらいで、勉強する内容はそんなに難しいわけではないし、受験するためのハードルも低いです。

こんな感じで、公認会計士試験に合格するには天才である必要は全くなくて、コツコツ努力出来る人であれば、誰でも合格することができます。

公認会計士試験の合格率はどれくらい?

さて次に、公認会計士試験の合格率について見ていきましょう。

公認会計士試験は、一次試験となる短答式試験が年に2回(12月と5月に実施)あり、二次試験として、短答式試験に合格した人だけが受験できる論文式試験が年に1回あります。

細かい数値は年によって変わるのですが、12月に実施される第Ⅰ回短答式試験の合格率が大体10%前後で、5月に実施される第Ⅱ回短答式試験の合格率が、大体5%前後です。

数値だけみれば、めちゃくちゃシビアな数値に見えますね。

で、受験経験者の私の体感としても、かなり狭き門だと感じました。

だってこれって、1クラスに30人いるとしたら、第Ⅰ回短答式試験では3人しか合格できないわけですし、第Ⅱ回短答式試験に至っては1〜2人しか合格できないくらいの確率ですからね。

一方で、論文式試験の合格率はおよそ30%となっています。

論文式試験の合格率は、短答式試験よりも高くなってますね。割合的にも、3人に1人が合格できる試験です。短答式試験と比べたら、合格しやすい試験だと言えるでしょう。

とはいえ、論文式試験を合格している人は全員、合格率の低い短答式試験を突破してきた人たちであるわけで、母集団のレベルもかなり高いです。

だから、しっかりと論文式試験の対策もやっておかないと、論文式試験を突破することはできません。

 

参考までに、平成30年試験の合格率に関するデータも載せておきますね。(願書提出者数・合格者数は公認会計士・監査審査会のHPより)

<平成30年第Ⅰ回短答式試験>

  • 願書提出者:8,373人
  • 合格者数:1,090人
  • 合格率:約13%

<平成30年第Ⅱ回短答式試験>

  • 願書提出者数8,793人
  • 合格者数:975人
  • 合格率:約11%

(合格率が11%近くになってますね!平成29年までの第Ⅱ回短答式試験では、合格率は大体5%程度で推移していたのですが、受験者数の増加の影響を受け、金融庁も合格率を上げたのかもしれません。)

<平成30年論文式試験>

  • 受験者数:3,678 人
  • 論文式試験合格者数:1,305人
  • 合格率:約35%

なお、全体を通しての願書提出者数が11,742 人(第Ⅰ回短答式試験と第Ⅱ回短答式試験のいずれにも願書を提出した受験者を名寄せして集計)に対して、最終的な合格者の数(=論文式試験合格者数)が1,305人なので、会計士試験の合格率は約11%ということになります。

合格までに必要となる勉強時間

さて次に、公認会計士試験に合格できるまでに必要になる勉強時間について見ていきましょう。

あくまでも一般的に言われている目安になりますが、早い人で3,000時間。長く見積もっても4,000時間確保できれば合格レベルに達するでしょう。

一見、3,000時間というとかなり膨大な時間に思えますよね。あなたも「そんなに勉強しないといけないの!?」と思われたかもしれません。笑

 

でも、落ち着いて考えてみると、そんなにびっくりするほどの数字ではないことに気づきます。

例えば普通のサラリーマンであれば、1日で7時間以上は働いていますよね。で、3,000時間を7時間で割れば、428日(=1年と2ヶ月ちょっと)という計算結果になりますよね。

つまり、サラリーマンの労働時間である7時間を、そっくりそのまま勉強時間に置き換えることができれば、1年ちょっとで合格レベルに達することができるのです。

これを大学での勉強に置き換えて考えたときも、同じことが言えます。1日7時間、大学で講義を受けている時間をそのまま公認会計士試験の勉強に置き換えた場合でも、1年ちょっとで合格レベルに達することができるわけですよね。

 

サラリーマン経験がある人や、大学で勉強できている人であれば、誰でも公認会計士試験に合格できる体力があると言えます。まあ、これ、日本国民ほぼ全員が当てはまる条件なんじゃないでしょうかw

もちろん1日7時間と言わず、もっとストイックに、例えば1日10時間以上を勉強に使えたら、1年以内の勉強で合格できる可能性も出てきます。

反対に、余裕を持って2年間の勉強で合格することを目標にすれば、1日5時間程度の勉強でも合格レベルに達するでしょう。

公認会計士試験に合格するのに必要な勉強時間や、各科目の勉強に必要となる時間については、以下の記事でも詳しく解説しています。

あわせて読みたい
公認会計士試験の合格に必要な勉強時間はどれくらい?どうも、朝比奈です。 「公認会計士に興味があるけど、勉強を始めてから試験に合格するまで、一体どれぐらい勉強時間が必要になるんだろう?」...

公認会計士試験の難易度が高いと言われる理由

とはいっても、やっぱり世間的には、公認会計士試験の難易度は高いと言われています。ここでは、その理由について考えてみようと思います。

母集団のレベルが高い

まず、母集団のレベルが高いというのが、公認会計士試験の難易度が高いと言われる理由の1つです。

公認会計士試験に挑戦する受験生は、有名国公立大学や、有名私立大学を出ていたりする人が多いです。

具体的には、最上位レベルで東大や京大などの難関国公立大学の出身者がいたり、早稲田や慶応などの難関私立大学出身の受験生もいたりします。MARCHや関関同立クラスの受験生も多いです。

こういった人たちは、難しい高校受験や大学受験を突破してきた人たちばかりですし、元々の地頭が良い場合も多いです。そして、そんな人たちですら、会計士試験の勉強をしていて、1日10時間近くの勉強も淡々とこなしてくるわけです。

要は、試験慣れしていて、かつ努力の基準値が高い人が多いわけですね。公認会計士試験に合格するためには、そういった人たちに打ち勝たなければならないわけですね。

合格率が低い

また、試験の合格率が低いのも、公認会計士試験の難易度が高いと言われる理由の1つになっています。

先ほどお話しした通り、第Ⅰ回短答式試験の合格率が10%程度、第Ⅱ回短答式試験の合格率に至っては5%程度です。

論文式試験の合格率は30%程度で、短答式試験よりも合格率は上がるものの、それでも半分以上の人が落ちる試験です。

そして、試験全体を通しての合格率は10%程度ですから、0倍の競争率の試験となります。

これほどの合格率の低さを見ると、難易度の高い試験だと言われても仕方がないかもしれませんね。

勉強しなければならない期間が長い

公認会計士試験は、先ほどお話ししたように、学習量がものすごく膨大です。

それだけの学習量を全て消化しようと思ったら、当然1ヶ月や2ヶ月などの短いスパンではムリで、合格できるまでにはどれだけ早くても1年、通常2年はかかります。

そうなると、長期的な視点を持って、自分なりにしっかり考えた上で、戦略的に勉強スケジュールを組み立てていかなければなりません。

それに、長期間、試験勉強に対するモチベーションを維持しなければならないという、勉強それ自体とはまた別の課題とも戦っていかなければなりません。

こういった理由から、公認会計士試験は難易度の高い試験だと考えられているのです。

税理士試験とどちらが難しいか?

ここで、公認会計士試験と税理士試験のどちらが難しいかを考えてみようと思います。

まず、税理士試験が公認会計士試験と大きく違う点が、税理士試験は科目合格制であるということ。

簡単に言うと、試験科目ごとに合格を認定してもらえるというものです。

税理士試験は全部で11科目あるのですが、そのうちの5科目に合格すれば、税理士の資格が取得できます。

科目合格制を利用すれば、例えば1年で5科目中3科目の試験に合格し、その翌年に残り2科目の試験に合格できれば、税理士試験に合格したと言えるのです。

しかし公認会計士試験は、全科目を同時合格しなければなりません。

しかも、試験トータルの点数で合格水準を満たしていても、ある一つの科目の点数が低すぎると、足切りといって不合格にされることもあります。

この点、税理士試験は1科目ずつ合格すれば良いので、働きながらの勉強でも取り組みやすいと言われています。

ただ、税理士試験は1科目のボリュームがものすごく多いです。

暗記しなければならないことも多く、全体を通して、公認会計士試験よりも勉強時間は長くなる傾向にあります。

一般的に、税理士試験に合格するためには5,000〜6,000時間は必要だと言われています。税理士試験に合格するまでに5年かかったという人の話も割と普通に聞きます。

つまり、公認会計士試験は短期決戦の試験である一方、税理士試験はどっしり腰を据えて、長期間の戦いが必要になる試験だと言えるでしょう。

というわけで、早く実務経験が積みたいという人は、公認会計士試験を受験するのがおすすめです。

公認会計士試験は、世間で言われているよりも簡単

さて、お待たせしました。

冒頭で言った通り、私が公認会計士試験は世間で言われているよりも、意外と簡単であると思う理由についてお話ししていきますね。

間違った勉強をしている人が多いから

まず一つ目の理由がこちらです。

公認会計士試験の受験生の中で、有名国公立大学や有名私立大学に通っている人でも、意外と正しい勉強のやり方が分かっていない人が多いです。

一例を挙げると、予備校の講義に真面目に出席していたりとか、文章を書いて覚えようとしていたりとか、過去問を思考停止で解いていたりとか。

要は、非効率な勉強をやってしまっている受験生が多いんです。

こういった非効率な勉強を無視して、正しい勉強のやり方だけを実践することができれば、勉強時間を劇的に短縮することができ、短い勉強期間で公認会計士試験に合格することができます。

受験生がやりがちな典型的な間違った勉強法については、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
公認会計士試験の勉強法は9割の受験生(=不合格者)が間違えている公認会計士試験の合格率はわずか10%程度です。つまり、受験生の上位1割の人達だけが合格し、残りの9割の人間が不合格になります。1クラスに...

合格率の真実を知っているから

先ほどお話しした通り、公認会計士試験の合格率はものすごく低くなってますが、実はこの合格率には裏の数値があるのです。

金融庁のHPをよく見てみると、答案提出者の数が、願書提出者よりもかなり少なくなってることが分かります。

例えば平成30年第Ⅰ回短答式試験の願書提出者数は8,373人でしたが、答案提出者数は6,569人です。

つまり願書は提出してるけども、試験には受けに行かない人が毎年、相当数いるのです。答案提出者だけで合格率を考えた場合、合格率は16%にまで上がります。

公認会計士試験の表面的な合格率は低く見えるんだけれども、実質的な合格率はもうちょっと高い、というわけですね。

いい加減な気持ちで目指す人もいるから

また、言葉は悪くなるのですが、受験生の中にはいい加減な気持ちで会計士を目指している人もいます。

そういった人は、初めは予備校の講義に真面目に出たりするんですけど、途中で講義についていけなくなったり、学習量の多さに我慢できなくなって、途中でリタイヤしていきます。

先ほどお話した、願書は提出してるけども、試験には受けに行かない人も、こういった人たちの中に含まれます。

時間的なハンデを負っている人もいるから

また、仕方のない話ではありますが、会計士試験の受験生の中には、時間的なハンデを負っている人も多いです。

例えば大学生で、学業と両立をしながら勉強している人もいるし、社会人で、働きながら勉強を続けている人も多いです。

時間的なハンデを負っている人たちにとって、毎日十分に勉強時間を確保するのは難しいので、そういった人たちを差し置いて、例えば半年間でも1日10時間近くの勉強を毎日続けられるだけで、あっさり試験には受かってしまいます。

公認会計士試験は努力が報われる試験。ちゃんとやれば一発合格もできる

いかがだったでしょうか。以上、公認会計士試験の難易度に関する解説でした。

一般的に言われているほど、公認会計士試験の合格のハードルは高くないということがお分かりいただけたでしょうか。

実際に試験を突破したからこそ言えることですが、公認会計士試験は努力が報われる試験です。

しっかりと考えて、戦略的に勉強を進めていけば、最難関試験と言われている公認会計士試験に、短期間の勉強で合格することも夢ではありません。

実際に私も、バイトやサークルなどで勉強に十分に時間が取れなかった時期もありますが、無事に大学3年生のときに一発合格できましたからね。

短期間での合格を狙うためにも、まずは正しい勉強のやり方を知ることです。

早いうちに正しい勉強のやり方をマスターしてしまって、後はその勉強を本番まで続けられるだけのモチベーションや根気強さがあれば、誰だって試験には合格できます。

正しい勉強のやり方について興味があれば、こちらの記事を見てください。

あわせて読みたい
公認会計士試験”短期合格”勉強法メルマガ講座 会計士試験に"短期合格"するための勉強法 こんにちは、朝比奈と申します。 このメルマガ講座は、今の状態から”最短で”会計...

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。