会計士試験講座

公認会計士試験に働きながら合格できるのか?

「今勤めている会社の仕事がつまらない・・・」

「学生のときは挫折したけど、やっぱり公認会計士を諦めきれない!」

「今どき、普通の会社員じゃ将来が不安。専門的なスキルを身に付けたい」

こういう思いを持って、社会人として働きながら公認会計士試験の勉強を続けている人は多いでしょう。

私のブログやメルマガの読者さんにも、働きながら、バイトしながら会計士試験の勉強に取り組まれている方がたくさんいらっしゃいます。

そこで今回の記事では、公認会計士試験の受験経験者として、公認会計士試験に働きながら合格できるかどうか、正直に思うところをお話していこうと思います。

公認会計士試験に社会人で合格した人もいる

結論から言うと、公認会計士試験に、社会人として働きながら合格することは不可能ではありません。事実、私の周りにも、働きながら会計士試験に合格した先輩や同僚がいます。

私が監査法人に勤めていた頃、働きながら試験に合格した先輩と一緒の現場になったとき、こんな感じのことを話しました↓

私
働きながら会計士試験に合格するなんてすごいですね!私は不器用で、複数のことに集中できない人間なので、ほんと尊敬します!
先輩
先輩
いやいや、大したことないよ。僕は元々経理の仕事をしていたから、簿記の知識は一通り持っていたしね。
私
それでもすごいですよ!仮に私が働きながら会計士を目指していた場合、勉強にも仕事にも集中できなくなって、どっちもダメにしてしまう未来しか見えません・・・。
先輩
先輩
ははは笑。それと、僕が前に勤めていた会社は、毎日定時で帰れていたし、十分勉強時間が取れていたんだ。職場環境も良かったんだと思うよ。
私
なるほど、そういうことでしたか。やはり勉強時間の確保も大切なんですね!

ちなみにこの先輩は、20代半ばのときに会計士試験に合格しています。受験生だったときは、仕事以外の時間をほぼ全て勉強に使っていたみたいです。そこまでやれば、働きながらでも会計士試験には合格できるみたいですね。

しかし・・・

『働きながら合格した』は、本当にレアなケース

私は、働きながら公認会計士試験の合格を目指すのは、全力でオススメしません。

もちろん、「会社を辞めたら生活費が心配!」とか、「養わないといけない家族がいる!」というような理由で、今いる会社を辞め辛いという気持ちも分かります。

しかし、私も受験経験者だからこそお話できるんですけど、あの試験は働きながら勉強するとか、そんな片手間で合格できるほど甘い試験ではないです。それこそ、有名難関大学を出ているような人たちが、1日10時間という勉強を数年間続けてようやく受かる試験なのです。

先ほどの先輩も、

  • 経理の仕事をしていて、簿記の知識を一通り持っていた
  • 職場環境が良く、毎日定時で帰ることができ、勉強時間が十分確保できた

という特別な事情があったからこそ、働きながらでも合格できたのです。

ネットで調べていると、中堅予備校の合格体験記に「働きながら合格しました!」という人がいるかもしれませんが、本当にレアケースだと思ってください。基本的にああいうのは、予備校の宣伝用に書かれているものです。働きながら合格した人はいれど、合格率は高くないはずです。

私の周りでも、実際に働きながら合格したという人は、合格までに5年とか6年とか、ものすごく長い期間を勉強に費やしていたケースがほとんどです。

私が通っていた予備校の講師は、働きながら試験勉強を続けていたそうですが、合格するまで6年かかったと言っていました。また、監査法人の後輩に6年間派遣をしながら勉強を続けて、ようやく合格したという人もいます。

それから、私には個別に指導している生徒さんで、働きながら会計士試験の勉強を続けている方がいるのですが、彼を見ていても、仕事と勉強の両立は本当に大変そうですし、しんどそうです。

他にも、働きながらの勉強をオススメしない理由が以下の通りです。

オススメしない理由その①:勉強の効率が悪い

働きながら会計士試験の合格を目指す場合、平日は仕事終わりに疲れた状態で勉強することになります。定時で帰れたとしても、すでに7-8時間も仕事で、集中力を消費してしまっているのです。

人間の集中力は有限です。だから本来、仕事終わりの疲れた体では、勉強できるような状態ではないんです。しかし、働きながらの勉強となると、このような疲弊したコンディションで勉強しないといけないわけです。

ドイツ人は毎日12時間働いているような日本人のことを「それはあり得ない話だ、集中して仕事をしていたら12時間なんて働けるはずがない」と皮肉っているそうですが、確かに一理ある話です。

私も受験生だったときに経験したから分かるのですが、1日の勉強時間が10時間を超えてくると、途端に勉強効率が落ちました。なんというか、勉強に集中できなくなってきて、頭が働かなくなってくるのです。

勉強に飽きてくる、と言い換えてもいいかもしれませんね。

どんなに好きなことでも、同じことを1日に10時間以上もさせられると、さすがに飽きてくるでしょう。

たとえあなたがお寿司を好きだったとしても、「1日中寿司だけを食べ続けろ」と言われたら、かなりキツいと感じませんか?それと同じようなことです。

ましてや、それが試験勉強となると、その苦痛はより大きなものになります。

好きでもないことや嫌いなことを1日10時間以上もさせられる毎日が続くと、ストレスも半端ではありません。

ましてや、仕事のストレス、人間関係のストレスに加えて、試験勉強のストレスも加わってくるなんてとんでもないことです。仕事終わりのアフター5を休息や趣味ではなく、勉強に使うなんて、並大抵の精神力ではできません。

集中力を消費し、ストレスも残っている状態で勉強しても、効率の良い勉強ができるはずがありません。

オススメしない理由その②:圧倒的な時間的不利

会計士試験受験生の多くは、学生や専念受験生が多く、大量の時間を勉強に投資しています。その時間を使って問題をたくさん解いたり、公式を覚えたり、論文を書くのに必要な用語を暗記したりしているのです。

会計士試験も、最終的にはどれだけ勉強に時間をかけたかが合格するのに重要な要素となります。

インプット量やアウトプット力が合格に必要な、一定のレベルにまで達したら、それ以上時間をかけても成績は大して変わりません。しかし、そのレベルまで達するまでは、やはり膨大な時間をかける必要があります。

そしてそのレベルに達するには、大量に自由な時間を持つ学生や、専念受験生の方が圧倒的に有利なのです。

他の人より勝つための最も簡単な方法が、他の人よりどれだけ時間をかけたか、ということです。

サッカーの世界でも、1日1時間しか練習しない天才と、1日5時間練習する努力家では、後者が勝ちます。同じように、将棋の世界でも、めちゃくちゃ頭の回転が速い人と、膨大な時間をかけて、色んな定跡を暗記している凡人では、後者が勝つでしょう。

会社員として働きながら試験勉強をしている人は、勉強に使える時間が少ないので、他の受験生と比べて圧倒的に不利なんです。

加えて、会社員は会社の飲み会だとか、同僚の結婚式だとか、様々な付き合いに時間を奪われるでしょう。これも、ただでさえ時間の面で不利な社会人受験生にとって痛手になります。

オススメしない理由その③:挫折するリスクが高い

仕事と勉強の両立は、本当に、想像以上に大変なのです。特に、仕事終わりの勉強ほどハードなものはありません。

ただでさえ仕事で疲れてストレスもたまっているのに、プライベートの時間を犠牲にして勉強するわけですから、非常に根気のいることです。

私も、仕事と勉強の両立は修了考査のときに経験しましたが、当時はモチベーションを上げるのに本当、苦労しました。仕事終わりに、なかなか修了考査の勉強をすることができなかったんですよね。

修了考査の勉強は、会計士試験の勉強よりも短期間で済むので何とか乗り切ることがきましたが、もしあの生活が1年以上続くと思ったら自分には絶対ムリでしたね。

仕事と勉強で毎日が終わっていく生活はハードです。そんなハードな生活が続くと、どんどんモチベーションも低下していって、挫折してしまうリスクが高くなります。

また、一日で勉強に使える時間が少ないと、学習の進み具合も次第に悪くなってきます。そうなると、予備校のカリキュラムに追いつけなくなったり、テキストに書いてあることがなかなか理解できなかったり、同じ問題を何度も間違えたりして、自分の成長を実感できません。

それはいずれ、焦りや苛立ちに繋がって、勉強に対するモチベーションも下がります。そしてそのせいで、何度も試験に落ちて、何年も勉強しなければならないことになるのです。

学習が遅れる

焦り、苛立ち

勉強のモチベーションの低下

不合格

更なるモチベーションの低下

何度も試験に落ちる

こんな感じの負のスパイラルに陥り、いつまで経っても試験に合格できないという最悪の結末を迎えることになるのです。

じゃあどうすれば良い?解決策は?

働きながらでも短期間で会計士試験に合格できる人は、本当の一握りの人です。

例えば、記憶力が抜群に高かったり、仕事で簿記の知識を使う人だったり、会社法や民法といった法律知識に詳しかったり。あとは、自分が天才だという絶対的な自信がある人だったり、です。

もちろん、そういう特別な人は働きながらの勉強もこなしていけるでしょうけど、そうでない場合は別の解決策を取る必要があります。

一番良いのは、仕事をやめて、会計士試験の勉強だけに専念することです。

自分を背水の陣に追い込んで、自分の持てる時間を集中的に勉強に投下すること。これが短期間で確実に合格するための最良の方法です。

とはいっても、色んな事情があって、そんなすぐには仕事をやめられない人がほとんどだと思います。

だから、まずは働きながら勉強を続けていきましょう。そして、「このまま勉強を続けていったら、確実に合格できる!」と思えたタイミングで仕事を辞めるのがオススメです。

私が個別に指導している社会人の生徒さんにも、頃合いを見て会社を辞めて、勉強に専念してもらっています。実際に、勉強期間が1年程度で、「12月短答に合格できました!」という報告をくれた社会人受験生の方もいます。

そしてもう一つ、忘れてはならないことが、常に効率の良い勉強を心がけることです。ただでさえ時間的に不利な社会人受験生は、日々の勉強のスピードを他の受験生よりも高めていかなければなりません。

そのためにも、多くの受験生がやりがちな、典型的な間違った勉強のやり方を避けて、正しい勉強のやり方を学ぶ必要があります。

正しい勉強のやり方を学べば、働きながらの勉強でも、合格までにかかる時間を格段に短縮出来るでしょう。

『公認会計士試験”短期合格”メルマガ講座』


会計士試験の受験生向けメルマガ講座を運営しています。

試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座です。

【メルマガ講座の内容(ほんの一部です)】

・短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは


・『正しい勉強法』の身につけ方


・小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき


・短期合格者たるマインドセットとは


・予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
・ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
・周りの受験生を見ていてはいけないという話

など

この講座は会計士試験に在学中に一発合格した私が実践していた勉強法を元に作成しているので、ご参加いただければ簡単に短期合格するための思考法・勉強法を身に付けることができます。

本気で会計士試験の短期合格を目指す人はもちろん、受験経験者・社会人の方にも役立つ実効性のある講座となっているので、ぜひご参加ください。






*現在メルマガ講座にご参加いただくと、

「学んだ知識を素早く定着させる方法」について解説しているPDFレポートと音声データ、

そしてさらなる追加特典として

「問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣」について解説しているPDFレポートと音声データを無料プレゼントしています。


このプレゼントを読むだけでも、あなたの勉強スピードはめちゃ上がってしまうことでしょう。

※メルマガはいつでも解除できます。そして、私以外からメールが来ることは一切ありません。