自己紹介

はじめまして、朝比奈拓哉です。

私は20代半ばの男性で、職業は公認会計士です。

公認会計士を目指したのは大学生のときで、自分流の勉強法を実践して試験勉強に取り組んだ結果、無事に大学在学中に公認会計士試験に一発合格することが出来ました。

 

以下は、会計士試験に合格したときに内閣府から送られてきた合格証書です↓

 

写真の通り、私は平成4年生まれで、平成25年に合格しているので、21歳(当時は大学3年生でした)のときに合格していることがお分かり頂けたと思います。

 

本試験での成績は以下の通りです。

5月短答式試験の成績

 

財務会計論:150 管理会計論:90 企業法:90 監査論:65

(成績表が手元になくてうろ覚えですが、大体こんな感じでした)

監査論がちょっとミスったんですが、それ以外の科目はボーダーの7割を超えました。

8月論文式試験の成績

 

論文式試験の勉強にはほとんど手が回ってなくて、5月の短答が終わってからほぼゼロの状態で論文対策の勉強を始めたのですが、それでもこれだけの得点が取れたので、まあよくやった方かなと思います。

短答とは反対に監査論が良く出来ましたね。科目合格レベルです。

 

会計士試験に合格した後は、2週間程度の就活を経て、某大手監査法人から内定をいただくことも出来ました。

内定をもらったのが同じく大学3年生のときだったので、大学を卒業するまでの1年間、時間に余裕ができてしまいました。

その時間を使って、監査法人の非常勤職員として働いてお金を稼いだり(学生では考えられないくらいの高い時給を頂いていました)、監査法人で稼いだお金を使って、外国に語学留学へ行ったりしていました。

大学卒業後は内定をいただいていた監査法人に就職し、そこで製造業、不動産業、物流業、放送事業、学校法人など、数多くのクライアントの内部統制監査、財務諸表監査を経験しました。

そして監査法人に入所してから2年後、修了考査に合格すると同時に、監査法人を退職して独立することになりました。これが24歳のときの話です。

 

独立してからは、監査法人の非常勤職員として監査業務に携わる傍ら、主に営業や経営について学んでいました。

そんな私が現在、何をやっているのかというと、ほんと色んなことをしています。

個人事業を立ち上げたり、独立や起業を指南するコミュニティ運営をしたりとか、自営業仲間たちと会社を作ったり、Web通販会社の社長さんと共同で事業を回させてもらったり、などです。

どれも楽しくて仕方がないですね!

今は本当に、自分がやりたいと思った仕事だけが出来ています。

仕事が楽しいって、本当に幸せなことだと思います。1日の大半の時間が仕事に使われるわけですから、その時間が苦しいとかつまらないとかって、ハッキリ言ってありえません。

楽しくなければ、仕事をする意味はありません。

自分がやってて楽しくて、それがお客さんの役にも立つこと。そして、利益もしっかりと出すこと。

これが仕事の理想の形だと思います。

 

とまあ、えらそうなことを言ってますけど笑、もちろんここまで順風満帆に来られたわけではなくて、そりゃまあ、色々なことがあったわけでございます。

本当に色々あったんですけど、今回は会計士試験の勉強をしていた頃のことをメインにお話していこうと思います。

私が公認会計士を目指した理由

私が会計士試験を目指そうと決心したのは、大学1年生のときでした。

会計士になろうと思った理由はいくつかあるんですけど、主な理由はこの3つです。

  • 大学受験のリベンジがしたかったから
  • 将来が不安だったから
  • 大学の会計士セミナーに刺激を受けたから

順番にお話していきますね。

大学受験のリベンジがしたかったから

私は高校生の時、第一志望の国公立大学に向けて勉強していたのですが、当時、かなり勉強をサボっていて、高校3年の夏くらいの時期になって、ようやく本格的に受験勉強を始めたくらいのレベルでした。

準備するの遅過ぎですよね笑。当然、試験までに勉強が間に合うわけがなく。なんとか滑り止めの私立大学には合格できたのですが、第一志望の大学には落ちてしまいました。

その後、浪人するかどうかでかなり悩んだのですが・・・。

いろいろ考えた結果、若い頃の1年間を、大学受験だけに費やすのはもったいないと思ったし、大学受験という過ぎ去った過去に引きずられるよりも、これから自分が、大学に入って何をしていくかという未来を見て行動したほうが良いなと考えたんですね。

そこで浪人はせずに、滑り止めの私立大学に入学することに決めたのです。

・・・とはいえ、やっぱり第一志望の大学に落ちたのが、かなり悔しかったです笑。

大学に入ったばかりの頃は、サークルの新歓イベントに参加したり、大学の講義を受けたりしている間も、どこかでモヤモヤとした気持ちがありました。

「絶対に、どっかで大学受験のリベンジがしたい!」

という思いが常に頭の片隅にあって、そんなときに私が目をつけたのが会計士試験だったんです。

将来が不安だったから

また、大学生だった当時、漠然と自分の将来に対する不安もありました。

一昔前と違って、今の時代、会社に就職できたとしても、いつその会社が倒産するかは分かりません。また、ある日突然、リストラで自分のクビが切られるかもしれません。終身雇用だって完全に崩壊しているわけです。

一つの会社や組織だけに頼っていては生きていけない、厳しい時代になってきているということですね。

それから、一般的な社会人の働き方にも疑問がありました。

大学を卒業したら会社で働くことになるわけですが、例えば自分は営業がやりたくても、会社の都合で人事や広報など、自分の希望とは違う部署に配属されることもあるわけです。

そして、ようやくその部署での仕事を覚えてきたと思ったら、また転勤や部門異動などで、これまでやってきた業務とは全く別の業務をやらされることもあります。こんなことでは、いつまで経ってもスキルアップが出来ません。

要は、普通の会社に就職したところで、専門性が磨けないということです。

日本では昔から就職ではなく就社が前提になっているので、今まではこういう働き方が成立していたわけなんですけど、変化の早いこれからの時代は、何か一つの専門性を持っていないとキツいです。

自分が働いている会社の中だけでしか役に立たない能力を身に付けたところで、その会社が倒産すれば終わりですからね。

そこで私は、会社や組織の動向に左右されない、自分に帰属する、専門的なスキルを身に付けたいと考えるようになり、そのうちの一つの選択肢として会計士もアリだな、と思ったんです。

大学の会計士セミナーに刺激を受けたから

こんな感じで会計士への興味が高まっていたある日、大学で「会計士という資格について徹底解説します」的なセミナーが開催されていたため、参加してみることにしました。

セミナーでは大学OBの会計士の方が色々とお話をしてくれて、公認会計士は、

  • 会計・監査のプロフェッショナルとして、専門的な業務に携われる
  • 若くして社会的責任の高い仕事ができる
  • 一般的なサラリーマンよりも高収入
  • 医師や弁護士と並ぶ三大国家資格
  • 自分の実力次第で、将来的に独立することもできる
  • 今は業界的に売り手市場なので、試験に合格できれば監査法人への就活は余裕

ということを知りました。

そして何よりも、大学OBの会計士の方たちから話を聞いていくうちに、私も「専門スキルを活かして誰かの役に立ちたい!」という思いが強くなってきて、「会計士になりたい!」と考えるようになりました。

 

そこで私は、まずは試しに日商簿記を受験してみることにしました。簿記の勉強をしてみることで、会計士試験のイメージが付くかな、と思ったからですね。

知識ゼロから勉強を始めたところ、2ヶ月くらいの勉強で日商簿記2級に合格することができたので、私は本格的に会計士を目指すことに決めたのです。

試験勉強を始めてから、初受験までの話

会計士を目指すことを決めてから、私は早速、某大手予備校の講座に申し込んで、会計士試験の勉強をスタートさせました。

予備校の学費を支払えるだけの財力がなかったので、お金は親から借りることにしました。借りたお金は会計士になってから返済します、という内容の契約書もきちんと作って。

 

予備校に通い始めた頃は、勉強に対するモチベーションもかなり高くて、きちんと予備校に通学して、真面目に講義も受けて、その日のうちに講義で扱った復習したりと、優等生のように勉強を続けていました。

「この調子で勉強続ければ、一発合格も夢じゃないな!」「絶対に在学中に合格してやるぜ!」と思ってましたね。

 

・・・しかし、その高いモチベーションも、長くは続きませんでした。

当時、私が通っていた予備校の講師の授業がかなり分かり辛く、おまけに講義の時間も1コマ3時間もあって、ものすごく長く感じたんです。

また、授業中に居眠りしている受験生、飲みに誘ってくる受験生、講義をサボっている受験生などがいて、彼らに勉強に対するモチベーションを下げられたりもしました。

また、定期的に実施される実力テストでも、なかなか良い成績を取ることができませんでした。

 

それに、何かと遊びの誘惑の多い大学生です。ふと周りを見ると、バイトやらサークルやら旅行やら留学やらボランティア活動やらで、キャンパスライフを謳歌している学生たちで溢れていました。

TwitterやFacebookなどのSNSを見ても、「今日はサークルの仲間と飲み会!」「友達と旅行にいった〜!」みたいに楽しそうにやっている人たちがたくさんいたわけです。

 

そんな様子を見ていて、「なんで俺はこんなに勉強ばっかりしているんだろう?」「一生に一度の大学生活、勉強だけに費やすのはもったいなくないかな?」みたいに悩むことが多くなりました。

そんなことを考えていると、次第に勉強が手につかなくなってきて、所属していた大学の軽音楽サークルや飲食店のバイトに顔を出す日が多くなりました。友達と旅行に行ったりもしていましたね。

そのせいで、1日に1時間程度の勉強しか出来ない日や、あるいは全く勉強をしない日も増えていきました。

とはいえ、サークルやバイトに出たり、旅行に行ったりしても、今度は「こんなに遊んでいていいのかな・・・?」「会計士試験の勉強しないといけないのに・・・」みたいに考えてしまって、遊びも満足に楽しめない状態にありました。

はたから見たら、「君は一体何がしたいの?」って感じだったと思います笑

 

そんな葛藤の日々が結構続いたのですが、気が付くと12月の短答式試験までもう3ヶ月しか残っていないくらいの時期に迫っていました。

さすがにヤバイと思って、慌ててサークルを辞めて、バイトも長期休暇をもらって、勉強だけに専念することにしたのですが、そのときの私の実力も、まだ基礎的な知識すら固まっていないような状態でした。

 

そこから3ヶ月間、ちょっと勉強したくらいで、試験に間に合うわけがありません。

そんなめちゃくちゃな状態で12月の短答式試験を受けに行ったわけですけど、結果は当然、不合格に終わってしまいました。

12月短答が惨敗に終わってから、立ち直るまで

こうして、12月の短答は不合格という結果に終わったわけですけど、不思議と「悲しい」だとか、「悔しい」みたいな気持ちはありませんでした。

それどころか、「まあ、あれだけ勉強してなかったらそりゃ落ちるよな!当然の結果だと思うし、別に悔しくないしw」みたいに謎に強がっていましたねw

で、そこから性根を叩き直して、また試験勉強に集中できたら良かったんですけど・・・

12月短答直前の勉強で燃え尽きてしまったせいで、私はあろうことか、お休みしていたバイトを再開させてしまったのです。

要は現実逃避ですねw

 

本来なら、12月短答に落ちた原因を徹底的に分析・反省して、すぐにでも勉強だけに集中すべきだったんですけどね。あのときの自分は、どうしても、勉強に戻ることができませんでした。

こうして、サークルも途中で辞めたし、会計士試験も不合格になって、やっていることといえばバイトだけという、何とも中途半端なスペックの大学生が出来上がりつつありました。

 

この時期は私自身、自分が結局どこに向かいたいのか、将来何がしたいのか、分からなくなっていたように思います。

そして、「こんな中途半端な学生、どこの企業が採用してくれるんだよ」とか、「将来は引きこもりのニートになるんじゃないか」みたいに、かなり思いつめていましたね。

なかなかにイケてない、苦しい時期でした。

 

で、こういう時期に、例えば何か衝撃的な出来事があって、自分の考え方が変わったとか、誰か立派な人に出会って、その人に助けてもらった、みたいな話があれば美しいストーリーとして語れるんですけど、まあ普通に、何も起きなかったですよねw

単純に、一人で思い悩んでる日々が続いているだけという、何とも現実的な毎日を過ごしていました。

 

ただ、私は、辛い時期や苦しい時期って、もちろん誰かに話を聞いてもらったり、相談に乗ってもらったりするのも大事だと思うんですけど、最終的にはやっぱり、自分の力を信じて乗り越える必要があると思ってるんです。

試験勉強はもちろん、人生全般においてもそうだと思います。

 

だから、私もしばらくはそういう時期が続いたけれども、やっぱりいつまでもこんな風にくすぶってばかりじゃいられないし、もっと自分の力を信じてあげたい、自分ならもっとできるはずだ、という思いが12月短答が終わってから2ヶ月後くらいにですかね、ふつふつと湧いてきたんです。

「専門スキルを活かして誰かの役に立ちたい!」という、当初の目標が心の中に蘇ってくるのも感じました。

 

もう一度、会計士試験の勉強を頑張ろう。

そう決意して、再びバイトも休んで、会計士試験の勉強だけに専念するようにしました。それが5月短答の3ヶ月前、3月くらいのときです。

5月短答合格からの8月論文一発合格

そこからはほんと、人が変わったように勉強に専念しました。

とはいえ、すでに5月の短答までギリギリの時期まで迫ってきていましたし、勉強にかけてきた時間も、周りの受験生に比べれば圧倒的に足りていませんでした。

 

そんな状況で、周りの受験生と同じような勉強をしたところで、周りの受験生を打ち負かせるわけがないと私は考えました。

そこで私は、周りの受験生がやっているような勉強のやり方を全て無視して、自分流の勉強法を編み出し、試験本番までその勉強法を実践していきました。

どんな勉強法を実践してきたかはここには書ききれないので、メルマガで詳しく説明しているのですが、その勉強法がうまくいって、私は無事に5月の短答式試験に合格することができました。ちなみに、そのときの5月短答式試験の合格率は5%でした。

 

しかしながら、5月の短答式試験を突破しても、8月には論文式試験が控えています。そして、論文式試験まで合格しなければ、会計士試験に合格したとは言えません。

また、論文式試験は年に一回しかないので、論文式試験に落ちてしまったら次の年の試験まで一年待たなければいけないわけです。

というわけで、「結局、5月短答に合格したところで8月論文に合格できなければ意味がない。」私はそう考えていました。

 

とは言っても、本番まで残り3ヶ月しか残されていないし、論文式試験の対策にもほとんど手が回ってなくて、はたから見ればほぼ絶望的な状況だったわけです。

でも、ここまで来たらなんとしても論文式試験にも受かりたい。そう強く思いながら、私は自分流の勉強法を続けていきました。

 

そして8月、論文式試験を受験しました。

結果は合格でした。

その成績は、冒頭にお見せした写真の通りです。合格発表からしばらく経って、内閣府からの合格証書も自宅に送られてきました。

正しいやり方で勉強すれば、会計士試験にも短期合格できる

このように、どんなに絶望的な状況にあっても、諦めずに頑張れば努力は報われるし、難関と言われる会計士試験にだって合格できるんです。

・・・とまあ、会計士になった今だからこう言えるわけですけど、私も受験生だったときは、勉強していてもいつも不安でした。

特に私はバイトやサークルなどで、まともに勉強が出来ていなかった時期が長かったので、他の受験生に比べても不利な状況でした。

「自分なんかが合格できるのかな」とか、「勉強が全然前に進まない」とか、「いつまで経っても同じ問題で同じような間違いしてんな」みたいなことを、しょっちゅう思ってましたからね。

でも、だからこそ、過去の私と同じような悩みや不安を抱えている受験生の力になりたいと思うんです。

 

私は実際に会計士になってみて、自分が本当にやりたいことや、自分がやれることが見えてくるようになりました。

私自身も、色んなことに挑戦し続けていきたいし、実際挑戦しているし、そして同じように色んなことに挑戦出来る会計士が増えたら、もっと世の中も楽しくなると思っているんです。

そして、この考えに共感してくれる会計士の仲間が増えたら、とても嬉しく思います。この記事を読んでくれているあなたも、この考えに共感してくれるのであれば、試験なんてさっさと突破して早く会計士の世界に来てほしいと思うのです。

 

・・・とは言っても、会計士試験は合格率10%の難関試験です。確率的に、10人に1人しか合格できない試験です。1クラスに30人いるとしたら、そのうちの3人しか受からないわけですね。

だから、何も考えずに愚直に会計士試験の勉強をしていても、短期合格することは難しいです。金融庁が取ったアンケートによると、75%以上の会計士が合格までに3年以上かかっているとのことです。

私も周りの受験生がやっているのと同じような勉強をやってたら、在学中に一発合格はできなかったと思うし、こんなに若くして独立することもできなかったでしょう。

 

あなたにも、試験勉強だけにあまり長い時間をかけて欲しくありません。試験合格はあくまでもスタートラインなわけで、あなたが実際に会計士になってからどうしていくか、ってことが大事なのですから。

かつての私がそうだったように、効率的な勉強法が実践できれば、試験に短期合格するのも夢ではありません。5月短答合格から、そのまま8月論文に一発合格することだって出来るんです。

なるべく早く試験に合格するためにも、正しい勉強のやり方を知って欲しい。

 

そこで、私が会計士試験に在学中に一発合格するために実践していた勉強法を、『メルマガ講座』という形で配信することにしました。

 

 

この講座は、会計士試験に短期合格するための勉強法が学べる、実践的な講座になっています。

メルマガ講座の中では、

・短期合格するために必要な思考法と、勉強テクニック

・大半の受験生がやりがちな間違った勉強法

などをご紹介しています。

 

今メルマガ講座にご参加いただけると、『学んだ知識を素早く定着させる方法』『問題集の回転スピードを飛躍的に上げる3つの秘訣』について解説している、PDFレポート(6,000字超)及び音声解説データ(20分超)を無料プレゼントしています。

 

メルマガ講座へのご参加はこちらから↓

 
 

 

メルマガ講座の内容の一部をご紹介

このメルマガ講座では1日1通あなたにメールをお送りし、そのメールの中で短期合格するための『正しい勉強法』の解説をしていきます。

その内容の一部をご紹介しておきますね。

 

  • 短期で試験に合格する人と、何度も試験に落ちる人の違いとは
  • 『正しい勉強法』の身につけ方
  • 小手先の勉強テクニックよりも、まずはマインドセットを改善すべき
  • 短期合格者たるマインドセットとは
  • 予備校の講師の言うことを間に受けてはいけない理由
  • ネット上の勉強法に関する情報のほとんどがゴミの理由
  • 真面目に予備校の講義を受けに行くな!
  • 講義を倍速で消化する方法
  • 周りの受験生を見ていてはいけないという話
  • 集中して講義が聞けるようになる方法
  • 予備校が隠しておきたい本音とは
  • 「周りと違うことができる」がキーポイント
  • お金より時間が大事という話
  • 自分に投資すれば大抵の人には勝てる
  • まとめノートを作るのは究極の愚策
  • 書く勉強は絶対にするな
  • 自分のやることを無駄に増やしてはいけない
  • 短期合格に必須の”アウトプット重視の勉強法”とは
  • 問題集を一番大事にすべき
  • 問題はどんどん間違って良い理由
  • なぜ復習が大事なのか
  • 最も効果的な復習のタイミングとは
  • 効果的な問題集の使い方
  • 効率の良い知識の覚え方
  • 勉強を毎日続けられるようになるコツ
  • 短期合格のために絶対に改善すべき4つの習慣
  • 集中力を格段に高める方法
  • 勉強でも”選択と集中”という戦略が大事
  • 会計学を学ぶべき本当の理由
  • モチベーションが上がらない意外な理由
  • 受験仲間を安易に作らない方が良い理由
  • 情報源は絞るべき

 

とまあ、挙げていくとキリがないんですが、それもそのはず。

このメルマガ講座は、全部で10万字を超える相当なボリュームがありますからね。

 

メルマガ講座を始めてから、これまでたくさんの方々にご参加いただきました。

熱い感想や、感謝のお声もたくさんいただいております。

その一部をご紹介しておきます。


























みなさま、たくさんの嬉しいお声をいただき、ありがとうございます!

”短期合格”勉強法メルマガ講座 登録フォーム

メルマガ講座の受講を希望される場合は、以下のフォームよりご参加ください。

 
 

*登録後は、すぐに初回のメールが届きます。

*メールが受信フォルダに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性がありますので、ご確認をお願いします。

 

*登録いただいたメールアドレスは、プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。許可無く第三者に情報を、譲渡・貸与することはありません。

*メルマガが不要の際は、メルマガ本文内の解除案内からいつでも自由に登録解除することができます。