はじめに

どうも、朝比奈です。

このサイトでは、大学在学中に公認会計士試験に一発合格した現役会計士の朝比奈が、

  • 早く会計士試験に合格したい人
  • なかなか会計士試験に合格できない人

向けに、会計士試験に短期間で合格するための勉強法についての情報を発信しています。

サイト運営者である私、朝比奈拓哉の詳しいプロフィールについては、こちらのページをご覧ください↓

自己紹介

会計士になったら手に入るもの

さて、まずは公認会計士試験を突破し、晴れて会計士になったら何が手に入るのかを一緒に確認していきましょう。

会計士になれば、大きく分けて次の3つのものが手に入ります。

  • 経済力:海外旅行にたくさん行けます
  • 社会的地位:医者・弁護士と並ぶ三大国家資格です
  • 安定性:一本の柱となるプロフェッショナルのスキルが身に付きます

順番にお話していきますね。

経済力:海外旅行にたくさん行けます

まあ、「海外旅行にたくさん行ける」ってのは、あくまでも一例なんですがw

会計士試験に合格して、例えば大手監査法人に就職するとします。

そのときの初任給が、だいたい28万円ー30万円くらいです。大卒で、大企業の初任給が22万円程度なので、世間的に見てもかなり高水準の給料が貰えることが分かります。

職階別に見たときの年収が、ボーナスや残業代なども含めると、スタッフが約500万円、シニアスタッフが約600ー700万円、マネージャーが約900ー1,000万円、パートナーが約1,500ー2,000万円、って感じです。

これはあくまでも監査法人にずっといた場合の話で、仮に独立してうまくいけば、収入は青天井に高くなります。億単位の収入を得ることも不可能ではありません。

とはいえ、監査法人にいるだけでも収入は十分過ぎるほどもらえるので、割と好きなように贅沢できます。

私や私の同期、後輩などがやってきた贅沢の一例を上げると、閑散期の6月や8月に1−2週間程度の休みを取って、北海道や沖縄などの国内旅行はもちろん、ハワイやドバイなどの海外旅行に行けたり、恋人に数十万単位のプレゼントをあげられたり、BMW買ったり、好きなブランドの靴やカバンを買い漁ったり、毎日1,000円以上のランチが食べられたり、一等地に戸建てやマンションを買ったり、豪勢な結婚式を挙げたり、遊びで仮想通貨に数百万ぶっ込めたり、開業資金を貯めたり、家族を養えたり、毎週飲みに行けたり、自分の趣味に好きなだけお金を使えたりすることが出来ます。

もちろん、社長や石油王などの大富豪とまではいきませんが、一人の社会人としては十分すぎるくらいの経済力が手に入ります。

社会的地位:医者・弁護士と並ぶ三大国家資格です

公認会計士は、医者・弁護士と並んで三大国家資格と言われる資格です。

試験を突破するのもかなり難しく、間違いなく最難関の資格試験の一つと言えるでしょう。それだけに、初対面の人と話すときも、資格を持っているだけで「ああ、この人はしっかりした人なんだろうな」と思ってもらえます。

要は、手っ取り早く信頼を勝ち取れるわけで、これは独立した今の私にとっては、ものすごく助かっている話なんですよ。このおかげで、早く自分のことを信頼してもらえるので、ビジネスの話もスムーズに進められることができるんです。

資格がなかったら、私なんかただの20代半ばの凡人男性ですからねw

信頼性もバツグンですので、例えばクレジットカードを作るときも、マンションを借りるときも、事業の資金を調達するときも、住宅ローン組むときなど、諸々の審査をかなり通しやすいです。

自分のことをあまり深く説明しなくても、容易に信頼を得ることができて、非常に楽です。もちろん、そこから人と深い関係を築けるかどうか、ビジネスを成功させられるかどうかは本人の実力次第なんですけどね。

安定性:一本の柱となるプロフェッショナルのスキルが身に付きます

会計の知識は、一般事業会社はもちろん、学校法人や公益法人、病院、さらには個人事業主にも必要な知識で、あらゆる事業や機関において求められるスキルです。

つまり、需要が高い領域なわけです。

ただ、その割に難しい話やとっつき辛い話も多く、専門的な論点も多いので、簿記を勉強していない人にとってはちんぷんかんぷん状態になってしまうことも。

そこで私達会計士の出番、というわけです。

一旦会計の知識を実務で使えるレベルまで身に付けてしまえば、プロフェッショナルのスキルとして、先ほどお話したように、幅広いフィールドで役立てることが出来ます。

どこに行っても必要な知識なので、食いっぱぐれることもまずありません。高い水準で安定性が保証されるということです。

巷では、会計士は将来的に無くなる仕事だとか、AIに取って代わられるみたいに言われることもありますが、実務経験者からしてみればそんなのは当分あり得ない話です。

会計・監査の分野には、人間の判断が必要な部分がたくさんあります(会計上の見積とか)し、AIの技術もまだその領域に導入できるほど発達していませんから。

今後も経済社会が崩壊しない限りは(そんなことはほぼあり得ないでしょうけど)、たくさんの人達から求められる能力で、うまく極めればあらゆる方面から引っ張りだこの人材になれます。

会計監査だけでなく、税金や資金調達についての知識、財務や経営、集客などについてのスキルも身につけることで、やれる業務の幅も広がっていきます。

 

以上、会計士になったら手に入る「経済力」「社会的地位」「安定性」の3つについての解説でした。

もちろんこういう表面的なものだけでなく、もっと大事なこと、例えば「難しいことを成し遂げたという成功体験」「自分に対する自信」「最後まで諦めない粘り強さ」なども手に入るのですが、それらについてはまた別の機会にお話します。

会計士試験には、出来るだけ早く受かっておくべき

さて、会計士になるためには、まず公認会計士試験に受からないといけないわけですが、当然のことながら、試験にはなるべく早く受かったほうが良いに決まってますよねw

それに、終身雇用・年功序列が崩壊している今のご時世です。会社だっていつ潰れるか分かりません。そんな世の中、自分の身一つだけでやっていけるスキルを持っていないと、不安で仕方なくないですか?

何らかの専門性を持っていないと、ただ大学を出ただけの人や、一つの会社で働いていただけのような人は、今後の社会では、確実に厳しい状況に置かれることでしょう。

そうなる前に、なるべく早く、自分で自分の身を立てられるだけの、一つの専門的な能力を身に付けておくべきです。

その他にも、以下のように、早く会計士試験に受かっておくべき理由があります。

試験に落ちたら、学費や時間が余計にかかってしまう

公認会計士試験の勉強には、お金や時間などのコストがかかります。

まず、お金の面では予備校の学費がかかりますし、時間の面では、どれだけ早く合格できたとしても、最低でも1−2年程度はかかってしまいます。ただ、ここまでは会計士になるために必要最低限の投資ですし、会計士であれば誰だって通過してきている試練です。

しかし、一度試験に落ちてしまったら、予備校の過年度生向けの講座を追加で申し込まなければなりません。それらの講座を受けるためには、少なくない学費が要求されます。

また、論文式試験は年1回しかありませんので、一度試験に落ちてしまったら、次の試験まで追加で1年待たなければなりません。

これらの追加コストは、試験に一発合格できていれば、本来はかからなかったはずのコストです。

特に、若い頃の1年間はめちゃくちゃ貴重です。体もめちゃ元気で、吸収力も高く、働き盛りの年代です。そんな時期の1年間を、試験勉強だけに費やしてしまうのはあまりにもったいないと思いませんか?

過酷な受験勉強から早く解放される

公認会計士試験の試験範囲は、ものすごいボリュームです。例えば私が通っていた予備校では、試験科目の一つ、財務会計論のテキストだけでも12冊以上もありました。

講義もたくさん聴かなきゃいけないし、答練だって何十回と受けなければいけません。

これだけのボリュームを試験日までにこなそうと思ったら、一日中勉強に時間を使っても、全然間に合わないくらいでした。

当然、遊んでいるヒマなんてありません。周りが遊んでるときも、ひたすら勉強、勉強です。季節のイベントの真っ最中のときも、私は予備校の自習室にこもって勉強をしていました。

受験生のときは、クリスマスやお正月、夏休みを満足に楽しめなかったので、結構辛かったですね。

試験に早く受かれば、こんな過酷な受験勉強から早く抜け出すことができます。

そして試験が終わったら、思う存分めいいっぱい遊ぶことができますよ!解放感も半端ないです。笑

私は試験が終わってから、色んなとこに旅行や留学に行ってましたが、試験勉強ばっかりしてた分、めちゃくちゃ楽しかったですw

受かるのが早ければ早いほど、将来の可能性が広がる

試験に早く受かることができれば、若いうちから会計士として貴重な経験を積むことができます。クライアントの会社の監査役さんや、社長さんとお話させていただけるチャンスもあります。

会計・監査の経験はもちろん、仕事のうまい進め方や、上司・部下・クライアントとのコミュニケーションの取り方、PCスキルなども身に付けることができます。

将来的に独立などを考えているのであれば、なるべく若いうちにこれらの経験を積んでおくことが大事です。

年を取ってきたら、体力や吸収力、理解力もどんどん低下していきますし、若い頃に持っていた挑戦意欲もなくなってきますからね。

また、監査法人も近年は売り手市場で、就活の難易度もかなり低くなっていますが、いつこの状況が変わるかは分かりません。今年受かった人たちは売り手市場でみんな就職できたけど、翌年は就職難で就職できない人たちばかりの時代になってしまった、そんなことも十分にあり得る話です。

実際に、監査法人にも2009年頃に就職氷河期の時代が来て、あれだけ頑張って試験に合格したのに、監査法人で働けない・会計士になれないという悲劇が起こりました。

 

あなたも、会計士になると決めたのなら、なるべく早く合格できるように戦略的に勉強を進めていきましょう。

受験生によくありがちな悩み

とはいっても、公認会計士試験は勉強を始めてから合格するまで、少なくとも1年以上はかかる、長い長い戦いになります。

試験本番日を迎えるまで、受験生の悩みは尽きません。私もこれまで、当サイトを運営していく中で、数多くの会計士試験受験生からご相談を頂いてきました。

そのうち、代表的な悩みをいくつかご紹介していきますね。

勉強のモチベーションが上がらない、勉強をサボってしまう

受験生に一番ありがちな悩みですね。

「勉強しなきゃいけない・・・!」と頭では分かっているんだけども、どうしても机に向かうことができないとか、机に向かえたとしても勉強に全く集中できなかった、みたいなことが起きてしまうわけです。

またその他にも、スマホをいじってしまう、TwitterやYouTubeをダラダラ眺めてしまう、テレビや漫画を見てしまって、時間を無駄にしてしまう受験生がものすごく多いです。

かくいう私も受験生だったときは、勉強のやる気が全く出ない時期があって、バイトやサークルの活動ばかりやってて勉強してない時期もあったので、気持ちはよく分かるんですけどね。

問題を解くのに時間がかかる、同じ問題を何度も間違える

実際に問題を解く段階になって湧いて出てくる悩みです。

特に連結や企業結合など、難しい論点の問題なんかは1問解くのに1時間以上かかってしまうこともあり、「1問解くのにこんなに時間がかかるなんて、本当に間に合うのかな・・・?」という不安を持ってしまうわけです。

また、何度も復習をしているのに、2回も3回も同じ問題を間違えてしまって、なかなか出来るようにならない、そしてそんな自分に嫌気がさしてしまう。こういうパターンもすごく多いです。

こういう状態が続いていると、自分の成長が感じれず、勉強へのモチベーションも低くなっていきます。

自分が本当に合格できるのか不安になる

根本的な悩みですね。

会計士を目指している受験生は、有名大学を出ている人も多いです。そのため、「周りはみんな賢い人ばかりなのに、そんな人達に自分が試験で勝てるわけないじゃん・・・」みたいに思いつめてしまう人もいます。

また、仕事で勉強時間が十分に確保できないとか、何度も試験に落ちてしまっているなどの理由で、自分への自信を失くしてしまっている人も多いです。

会計士試験は、数ある資格試験の中でも最高峰に難しい試験ですので、こういう悩みを持つ人が出てきてもおかしくはありません。

なぜ、ほとんどの受験生が試験に落ちてしまうのか?

また、会計士試験の合格率は、わずか10%程度です。つまり、90%の大半の受験生が不合格になってしまうわけです。

どこの予備校の講座に申し込んだとしても、講義の内容や使ってる教材のクオリティに、ほとんど大差はありません。

しかしながら、同じような教育を受けていても、現実に10%の勝ち組と、90%の負け組に分かれているわけです。

では、90%の負け組になってしまう人は、何が原因で試験に落ちてしまうのでしょうか?それには大きく分けて、次の2つの原因があります。

  • 予備校の講師の言うことを丸ごと信じてしまう
  • ネットで勉強法についての情報を調べる

順番にお話していきますね。

予備校の講師の言うことを丸ごと信じてしまう

予備校の講座に申し込んだばかりの受験生は、右も左も分からないような状態で試験勉強を始めていきます。

そして、頼れる人も他にいないので、大半の受験生が自分が通っている予備校の講師の言うことに従って、勉強を進めていくのです。

しかし、ここに注意が必要なのです。

予備校の講師の中には、合格するまでにめちゃくちゃ時間がかかってしまった人もいますし、まだ会計士試験に合格していないのに教壇に立っている人もいます。

そんな人達から、短期間で試験を突破するための勉強のやり方は学べません。

予備校の講師は、会計士試験に必要な知識は提供できるけれども、①それらの知識をどうやって効率的に定着させていくかそして②どうやって本番で使える知識に変えていくか、といったような、いわば『効率の良い勉強法』を教える能力がないんです。

その前提知識がないまま、素直に予備校の講師の言う通りに勉強していたところで、試験には失敗する可能性大です。

予備校の講師のアドバイスにも、有益なものと役に立たないものがあるので、うまく取捨選択しなければなりません。

ネットで勉強法についての情報を調べる

会計士試験の受験生の中には、ネットで効率的な試験勉強のやり方を調べている人も多いと思います。

しかしながら、ご存知の通り、ネットは誰でも気軽に情報の発信ができますよね?

BlogやTwitter、Instagramなどの媒体で、不特定多数の個人が好き勝手に情報を発信しているわけです。その中には間違った勉強法、非効率な勉強法が書かれてたりもします。

そういった勉強法を参考したところで、試験勉強をうまく進めていくことはできません。

そもそも、ネットで情報を発信している人が、本当に試験に合格した(それも短期間で突破したのか)という証拠があるのか、という話なんです。

「あなたはどうなの?」という声が聞こえてきそうですが笑、私の場合は自己紹介のページに合格証書を載せており、私が大学3年生の21歳のときに合格していることがお分かりいただけると思います。

会計士試験に短期合格するための勉強法

以上、受験生にありがちな試験勉強時の悩みや、90%の受験生が試験に不合格になってしまう2つの原因をお話してきました。

「絶対に会計士試験に合格したい!」と思っても、これまでお話したような悩みや壁に阻まれて、残念な結果に終わってしまう受験生が多いのです。

そこで、私の出番というわけです。

私は冒頭でお話した通り、大学在学中に、公認会計士試験に一発合格しました。そのプロセスの中で、先ほどの受験生にありがちな悩みや課題も解決してきましたし、予備校の講師やネットの言うことを鵜呑みにすることもなく、自分なりに効率的な勉強法を編み出すことに成功しました。

そしてその勉強法がうまくいって、短期間の勉強のうちに、無事に合格を掴み取れたというわけです。

そのときの経験を活かして、私は今、会計士としての業務に取り組むかたわら、会計士試験の効率的な勉強法が学べるメルマガ講座オンラインスクールを運営したり、特定の生徒さんに対しては個別指導という形で、マンツーマンで勉強の効率的なやり方を教えたり、分からない問題の解答・解説をしたりしています。

私は、自分なりの勉強法を編み出したおかげで、以下のようなことを達成できました。

一般的な受験生よりも、はるかに短い勉強時間で会計士試験に合格できた

一般的に、会計士試験に合格しようと思ったら、遊びも旅行も恋愛も諦めて、 何年もひたすら勉強に打ち込まなければいけないと言われています。

私も、会計士試験の勉強を始めたばかりの頃は、せっかく楽しい大学生になったのに、「これからしばらくは勉強だけに集中しないといけないのか・・・」とうなだれたものです。

しかしながら、結果だけを見ると、私は大学生活全ての時間を勉強だけに使ったわけではありませんでした。試験勉強を続けながら、サークルの合宿に行ったり、バイトで友達と一緒に働きまくったり、色んなところに旅行に行ったりもして、大学生活を十分に満喫することができました。

まあ、受験生だったんだから、もう少し勉強した方が良かったかもしれませんが。笑

こういう遊びやバイトに使っていた時間を考慮すると、試験勉強だけに集中していた時間は、長く見積もっても1年程度だと思います。

それだけ遊んでいても、私は自分なりの勉強法を実践することで、試験に一発合格できました。

5月短答合格から、ストレートで8月論文に合格できた

私は合格目標年度の5月の短答式試験に合格した後、その3ヶ月後の論文式試験にも一発合格しました。

一般的には、5月の短答に合格できても、次の8月の論文式試験まではわずか3ヶ月しか時間がないので、そのままストレートで合格することは難しい、と言われています。

私には、短答前に論文式試験の対策をする時間的な余裕はありませんでした。本格的に論文の勉強を始めたのも、5月短答が終わってからです。

つまり、3ヶ月という短い期間で、ほぼゼロの状態から論文式試験の勉強を仕上げなければならなかったわけです。

しかし、私は自分なりの勉強法を続けた結果、なんとか試験本番日までに必要な勉強を終わらせることができ、無事に合格することができました。

やみくもに勉強を進めるより、まずは『正しい勉強法』を学ぼう

こういった経験を経てきた私が一つ、確実に言えることがあります。それは、

会計士試験には、正しい勉強のやり方が存在する

ということ。『正しい勉強法』とでも言っておきましょうか。

そして、会計士試験の合格を目指すあなたがまずやるべきことは、『正しい勉強法』を学ぶことです。

正しい勉強法をマスターすれば、先ほどお話したような受験生にありがちな悩みもすぐに解決できるし、私ができたように、他の受験生よりもはるかに短い勉強時間で、5月短答から8月論文に合格することも夢ではありません。

(※私の場合は本格的に勉強を始めるのが遅かったので、5月短答合格になってしまいましたが、もっと早く始めれば12月短答に合格して、余裕を持って論文の勉強に取り組めたと思います)

 

しかしながら、残念なことに、会計士試験のほとんど全ての受験生が『正しい勉強法』を学ばずに、予備校の講師の言うことやネットに書いてあることを鵜呑みにして、やみくもに勉強を続けていきます。

そして、その勉強のほとんどが、間違った勉強法になってしまっているんです。

間違った勉強を続けてしまったらどうなるか、想像してみてください。

いつまで経っても試験に合格できず、3年か4年か5年か6年か、あるいはそれ以上の時間を勉強だけに費やし、予備校にも数十万、数百万という莫大な学費を払ってきたのにもかかわらず、実務経験もろくに積めていない、頭でっかちの人間になってしまうかもしれません。

ハッキリ言って、多大なる時間とお金の無駄遣いです。しかも、働き盛り、遊び盛りという、超貴重な20代の大半を、勉強だけに費やしてしまうわけです。もったいなさ過ぎると思いませんか?

あなたがこんな風にならないという保証はどこにもありません。

そうならないためにも、会計士試験の勉強を始めたら、早いうちに『正しい勉強法』をマスターして欲しいのです。

『正しい勉強法』はあなたの勉強が間違った方向に行くことを防ぎ、あなたを最短距離で会計士試験の合格に導いてくれるのです。

幸いなことに、『正しい勉強法』をマスターすることには、そんなに時間も労力もかかりません。

少しだけ時間を取って、『正しい勉強法』に関する知識を集中的に学習しさえすれば、あとは実践を通して身につけていくことが出来ます。

合格はあくまでもスタートライン!まずはそのスタートラインに辿り着こう!

最後になりましたが、会計士試験の合格はあくまでもスタートラインです。

大事なのは、あなたが会計士になってから何がしたいか、何を成し遂げるのかということなのです。

会計士試験に合格したら、まずは監査法人で会計監査の経験を積むのも良いでしょう。そして、監査法人で十分な経験を積んだら、どんどん自分のやりたい仕事、やりがいのある仕事をやっていくのです。

税務コンサルや申告代行、事業計画書の作成コンサルや銀行融資の実現、起業・創業時のコンサル、内部統制構築支援、IPOや事業再生など、やれることは無限大です。

私のように独立して、色んなことに挑戦してみる、挑戦し続けていく、ってのもオススメです!正直、めちゃ楽しいですよ。

私がこうして会計士試験の勉強法について情報発信しているのも、色んなことに挑戦できる会計士が増えた方が世の中は楽しくなると思っていて、そんな会計士仲間をたくさん増やしたいからなんです。

そういうわけで、まずはあなたに、会計士試験の合格を、それも短期間のうちに勝ち取って欲しいと思うのです。

最短で会計士になるために、頑張っていきましょう!